お菓子のかがく ぐっとおいしくする、感じる力!

津田陽子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579213375
ISBN 10 : 4579213378
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;22

内容詳細

ふんわりフロール、しっとりケイク、さっくりタルト。おいしいお菓子作りの疑問に答えます。

目次 : ふんわりフロール―粉を究極に減らして「卵の力」でふんわり感を実現。/ しっとりケイク―しっとりなめらかな生地の要は、バターの変化。/ さっくりタルト―タルトはしっかり焼ききる、が身上。/ 1 お菓子作りで大切に思うこと/ 2 レシピの組立てと考え方/ 3 補足だけれど役に立つポイント

【著者紹介】
津田陽子 : 京都生れ。1987年に渡仏し、お菓子作りを学ぶ。現在、菓道教室を京都と東京で主宰し、菓道家津田陽子として活動する。三越日本橋店カルチャーサロンで講演を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kurumi さん

    普段はノンエッグ、ノンミルク、その上グルテンフリーなお菓子を作るのですが、菓子作りを化学的に捉えるのも参考になると思って。小麦粉は「混ぜるな!」と教わるのに、「しっかり混ぜろ」と言われてびっくり!卵をよく乳化させる、バターで包み込む。で、グルテンを出させない。試しにシフォンケーキ(さすがに卵は使った)をよく混ぜてみたら、いつもより膨らまなかったが、しかし空洞が出来なかったし、しぼまなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

津田陽子

京都生れ。1987年に渡仏し、お菓子作りを学ぶ。現在、菓道教室を京都と東京で主宰し、菓道家津田陽子として活動する。三越日本橋店カルチャーサロンで講演を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品