11

津原泰水

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309020471
ISBN 10 : 430902047X
フォーマット
出版社
発行年月
2011年06月
日本
追加情報
:
20cm,267p

内容詳細

業界を震撼させた『綺譚集』から7年、津原泰水が贈る、待望にして究極の作品集がついに刊行。著者ベスト短篇との声も上がっている「五色の舟」を筆頭に、「11」の異界の扉が開かれる。

【著者紹介】
津原泰水 : 1964年広島市に生まれる。青山学院大学卒業。少女小説作家“津原やすみ”としての活動を経て、97年“津原泰水”名義で『妖都』を発表。幻想小説作家として本格的に活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    「でもきっと、私には何もくれない」ことはなかったな。

  • nyanco さん

    独特の世界観をお持ちの津原さん。好きな作家さんではありますが、体調万全に整えて挑まねば、門をひらいてすらもらえないことも…本作は短篇集で敷居が低め。しかし「五色の舟」から一気に津原ワールドに惹きこまれ魅了されました。どれもが短編ですが、完成度が高く、どの作品も勿体無いほど素晴らしいレベルの作品でした。津原さんの作品を読んだことがないという方には、おすすめできる秀作短篇集です。四谷シモンさんの人形を使った装丁も素晴らしく素晴らしい完成度の作品集。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    味わい深い不思議なシュールと幻想とSFの短編集。逃れられない惰性関係の落とし穴の「追ってくる少年」、剥き出しの脳で思考しているようなグロテスクな滑稽さとミステリー「微笑面・改」「馬鹿にしつつも抑えきれない危険な好奇心と傍にある死への誘いを描いた「手」、物悲しい恋物語「テルミン嬢」など妖しくも物悲しく、そして乾いた視点もある笑いに眩惑されました。

  • ❄Masako❄ さん

    ★★★+津原さん初読み♪ タイトル通り11編からなる短編集。SF、ホラー、幻想小文学、純文学etc様々なジャンルが混じり合う大海からキラリと光り飛び出でた、物語という名の11の魚たち。しっかりと捕まえられるものもあれば、するりと逃げていくものもある。でもそれでいいのだろう。触れて感じることが出来さえすれば♪冒頭の「五色の舟」の美しくも妖しい世界観には引き込まれた。「延長コード」「微笑面・改」「手」「クラーケン」もぞくりとしながら見事な構成力に感心してしまった。この作品は、きっとまた読み返すだろう?

  • くりきんとん99 さん

    何とも不思議な物語が詰まった短編集。怖いものもあり、悲しいものもあり、イマイチよくわからないものもあり。そして長さもまちまち。帯で三浦しをんさんが言うように変幻自在。お気に入りは、「延長コード」、「追ってくる少年」。どれも印象に残ったけど、「テルミン嬢」も印象深く不思議で悲しい物語だった。「手」は怖かったなぁ〜。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

津原泰水

1964年広島県生まれ。青山学院大学卒。1989年に少女小説家“津原やすみ”としてデビュー。1997年、“津原泰水”名義の長篇ホラーである『妖都』を発表。2009年発表の『バレエ・メカニック』(ハヤカワ文庫JA)は本格SFとして各種ランキングを席巻した。2011年の短篇集『11』が第2回Twitte

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド