琉璃玉の耳輪

津原泰水

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309019949
ISBN 10 : 4309019943
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
尾崎翠 ,  
追加情報
:
20cm,372p

内容詳細

3人の娘を探してほしい。手掛かりは、琉璃玉の耳輪を嵌めている。女探偵・岡田明子のもとに不可思議な依頼が舞いこみ…。尾崎翠と津原泰水が生んだ、極上の探偵小説。90年の時を超え、ついに刊行。

【著者紹介】
津原泰水 : 1964年広島市に生まれる。青山学院大学卒業。“津原やすみ”名義での活動を経て、97年“津原泰水”名義で『妖都』を発表。幻想小説作家として本格的に活動を始める。以後、『蘆屋家の崩壊』『少年トレチア』『ペニス』など美しくも幻想的な世界を描き人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紅はこべ さん

    私は津原泰水の文体が大好きなので、たっぷり酔わせてもらった。女の一代記もの、名探偵もの、純愛も変態性よくもある恋愛小説、冒険活劇、SF、読者の嗜好によって様々な読み方を可能にする、面白い小説の要素をわんさと詰め込み、それでいてくどいと思わせない、巧みな作品。

  • nyanco さん

    はぁ…濃かった。エスプレッソコーヒーをカフェオレボウルにテンコ盛りって感じ。なかなか物語に入り込めず、何度、挫折しかけたことか…でも、耽美な文章と昭和初期の設定といい魅力的で諦めるには勿体ないと、読み進め春の章を読み終えた途端、やっと物語の招待状をいただき、扉のあちら側に行けました。メインキャラも凄いけど脇もなんて豪華で濃いこと…。おまけに三姉妹に託された琉璃玉の秘密ときたら…。でもこの濃い感じ嫌いじゃないです。秋の夜長にこそ、こんな物語を読むのも良いのではないでしょうか。続→

  • yn1951jp さん

    原作の魅力を超える物語とはなっていないと思う。尾崎の設定した魅力的な登場人物(女探偵、三人の娘を探す伯爵夫人、変態性欲の育て親)と大正末期から昭和初期のモダニズム風景(支那趣味、横浜の阿片窟、旅芸人一座、失われゆく貴族社会)を現代人によりわかりやすく効果的に展開する意図はわかった。解離性同一性障害(多重人格)、原子爆弾の開発、ツェッペリン飛行船などイメージを広げて冒険活劇としての魅力を広げているが、原作同様に物語としての消化不良は否めない。女探偵と三姉妹の物語をそれぞれ短編の連作にすると魅力的かも。

  • ふじみどり さん

    尾崎翠の映画脚本を80年ものときを経て津原泰水が焼き直した作品。昭和初期の東京に躊躇なく懐かしさを感じられるのはむしろ現代作家の目を通しているためか、それとも時代を生きた尾崎翠の鮮やかな筆力か。古さを意識した新しさでもなく褪色の優美でもなく。融合?まずはそこに惹き付けられた。ノスタルジーを感じられる箇所も手短かで次々と展開するストーリーは大道ながら盛り上がりどころがあり、むしろ意外だった。融合しきれていない溶け残りのようなものも感じたが、馬脚も含め全体が好寄座の出し物を見ているようでおもしろかった。

  • barabara さん

    摩訶不思議な世界で混沌として非常に面白かった。完

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

津原泰水

1964年広島県生まれ。青山学院大学卒。1989年に少女小説家“津原やすみ”としてデビュー。1997年、“津原泰水”名義の長篇ホラー『妖都』を発表。2006年の自伝的小説『ブラバン』がベストセラーとなり、2009年発表の『バレエ・メカニック』(ハヤカワ文庫JA)は本格SFとして各種ランキングを席巻し

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品