「こども哲学」で対話力と思考力を育てる 河出ブックス

河野哲也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309624693
ISBN 10 : 4309624693
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
219p;19

内容詳細

どんなに親しくても、考え方は人それぞれ。どんなに論理的になれたとしても、考え方を無理には変えられない。意見が食い違ったとき、答えをひとつに決めるのは難しい。でも、「こども哲学」を通して、相手の話に真剣に耳を傾け、考える時間や言葉を選ぶ時間を持てれば、自分の考えを話しやすい空間がつくられていく。問題を創造的に解決し、誰もがその社会の一員だと感じられるような人間関係をつくりだす、コミュニケーション技術の身につけ方を紹介します。

目次 : 第1部 理論編(「こども哲学」とは何か/ なぜ「こども哲学」がよいか/ いま求められる対話力/ 世界に広がる対話授業 ほか)/ 第2部 実践編(環境づくり/ 進め方/ 各科目での取り入れ方/ こどもに対話させることは本当にできるのか ほか)

【著者紹介】
河野哲也 : 1963年、東京都生まれ。慶應義塾大学博士号(哲学)取得。現在、立教大学文学部教育学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りょうみや さん

    子ども大人関係なく哲学をすることの意義を述べている面もあるのだが、ここでの「こども哲学」とは今流行しているアクティブラーニングであり、その進め方の本としても有用な内容だった。

  • しらい さん

    やることがパンパンになっていくと、大切にしたいことがおろそかになってしまう。丁寧に、対話を積み重ねていきたい。

  • 伝書鳩 さん

    星1つ。NHKの子供向け番組に「こどものための哲学」というのがあり、たまたま見る機会があったのだが、これがすごくわかりやすい。哲学とは無縁の人生だったが、こんなに簡単ならば哲学の本でも手にとってみるかと考え、番組監修の著者の本を読了。でもまぁ、やはり哲学だった…。ただ、収穫もある。1995年、ユネスコがパリ宣言の中で哲学対話の効果に注目しており、こども哲学はは世界的に推奨されているとある。中等教育の中での哲学の対話は、こどもの躾の観点からも有効と感じた。

  • Arick さん

    3つの思考力「批判的思考」「創造的思考」「ケア的思考」についてとても参考になった。 蓄積されてきた知恵や、計算の手法などは、誰でも簡単にアクセスできる世の中において、これまで教育で培ってきた力とは別の力をつけることが、人間の成長のためには必要になってくるだろう。 対話を通し、自己を探究していくこども哲学は、そのための有力な手法の1つになると考えている。 実践していきたい。

  • かんな さん

    目的地に速く着くのではなく、寄り道をするような「会話」も大事(・∀・)人(´∀`)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

河野哲也

1963年生まれ。立教大学文学部教育学科教授。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程修了。博士(哲学)。専門は哲学、倫理学、教育哲学。NPO法人「こども哲学・おとな哲学アーダコーダ」副代表理事。総合的な学習/探究の時間や道徳科教育の指導も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品