河出書房新社編集部

人物・団体ページへ

杉浦日向子 増補新版 KAWADE夢ムック

河出書房新社編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979557
ISBN 10 : 4309979556
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
235p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • PAO さん

    「江戸の話で有益な話はないんです。「三ない主義」というのが江戸っ子のライフスタイルです。「持たない」「出世しない」「悩まない」の三つです」…江戸から来て、46歳で江戸に去って行った杉浦日向子、早過ぎる死を今も悼みます。江戸を肌身で感じたおそらく唯一の現代人だったのでしょう。明治維新と共に西から来た「頑張る」「勤勉な」ライフスタイルはつい最近のもので江戸では頑張らないことが「粋」なのでしたね。活躍当時あまり理解されなかった彼女が愛した江戸っ子の生き方と現在のそれがやっと重なり合う時が来たのかもしれません…。

  • へいぞー さん

    亡くなってしまった人が、未来に思いを馳せて書いた文章を今読むのはツライですね。日向子さんが過ごすはずだったあれこれを思いながら読みました。そして、お兄様の寄稿にホロリ。色々慌ただしくて心乱れることの多い毎日。時には江戸時代を見習って暮らしてみるのも心の贅沢かもしれません。

  • narunaru310 さん

    杉浦日向子さんの「一日江戸人」が、初めて手にした文庫本だった。当時11歳、今考えても渋すぎるチョイス。お江戸でござる大好き幼稚園児でした。そんな思い入れのある杉浦さん特集の文藝別冊ということで衝動買い。 対談よりやはりエッセイと漫画が好き。対談だと杉浦さんらしさが出ていないものがある気がする。 彼女は新しもの好きだったのだな、と実感。私はどちらかというと懐古主義に陥りがちでその結果としての江戸好きだったが、その逆。非常に客観的に、感情移入せず江戸を観ていたような気がする。 次は百日紅を読みたい。

  • ジョン さん

    ほんとに帰って来てくれたらなあと思う人。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品