河出書房新社編集部

人物・団体ページへ

芥川龍之介 文藝別冊

河出書房新社編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979304
ISBN 10 : 4309979300
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    田端に有名な文士が多く住んでいたことはごく最近知ったばかりだったし、芥川と室生犀星、荻原朔太郎が友人関係だったというのはこの本で知った。芥川自体はどちらかというと好き、というレベルの読者だったけれど、読んでいない作品がだいぶあることに気づかされた。芥川谷崎論争の本は購入しようかちょうど迷っていたので背中をもう一つ押された感じ。明日書店に行って悩もうと思う。

  • しょこ さん

    伊坂さんのエッセイのみ読了。『トロッコ』と『蜜柑』がお好きなようで。蜜柑はそう、あの蜜柑。笑。『トロッコ』×国語の教師の解釈で、国語の授業に興味を持つきっかけになったとか。人生なにがきっかけになるかわからないね〜。今回つまみ食い読書で芥川作品には触れず。

  • さゆき さん

    芥川のムック本。伊坂幸太郎のエッセイが掲載されていることもあって購入。生前の写真や年譜、さりには芥川関連の書籍が丁寧に紹介されていて、入門書としてもおすすめできる。エッセイを通して色んな人の芥川像が知れるのも面白く、好きな作家について執筆陣と紙面越しに語り合えたような気がして楽しかった。この本から田端の文士たちにも興味がわいた。

  • おぎゃ さん

    いろんな作家や研究者が芥川の魅力を語っている。難しくて訳が分からない文章も多い人だけど、可愛いげがあるしかっこいい。

  • 星野紗奈(しゃーな) さん

    演習の資料の一環として借りた。作品に関する対談から芥川ゆかりの地まで、幅広く触れることができる一冊だった。作品ガイドや年表などもついており、文学初心者には非常に読みやすい本になっていたと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品