河出書房新社編集部

人物・団体ページへ

総特集 森見登美彦 作家は机上で冒険する! 文藝別冊

河出書房新社編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979625
ISBN 10 : 4309979629
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
335p;21

内容詳細


シリーズ:
文藝別冊

KAWADE夢ムック

ソウトクシュウモリミトミヒコ

総特集 森見登美彦
作家は机上で冒険する!

河出書房新社編集部 編

ムック A5 ● 336ページ
ISBN:978-4-309-97962-5 ● Cコード:9495
発売日:2019.01.11

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

オンライン書店で購入
amazonアマゾンで購入

楽天ブックスで購入

紀伊國屋書店KinokuniyaBookWebで購入

hontoで購入

セブンネットショッピングで購入

HonyaClubで購入

e-honで購入

HMV&BOOKSで購入

店頭の在庫を確認する
旭屋倶楽部 三省堂書店・岩波ブックセンター 紀伊國屋書店 東京都書店案内
この本の内容
目次・収録作品
『太陽の塔』『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』そして最新作『熱帯』――唯一無二の小説世界を築き上げてきた森見登美彦、初の総特集!デビュー15年、創作の秘密に迫る永久保存版。


キュートなSFあり、怪談ありのバラエティ豊かな短篇3作をはじめ、
著者本人による全小説解説エッセイ、カラーグラビアで見る森見登美彦の仕事場、
5万字にわたるインタビュー、事典、年譜等の資料も大充実、全ファン必読の一冊です。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sea&pink(しーぴん) さん

    先日フライングしましたが、1か月以上かかってやっと全部読めたので改めてレビュー。ほんっとに盛沢山!巻頭グラビアでまずノックアウト!中身も森見作品がいかにして出来上がったかあらゆるアプローチ法でみっしりと充実。書ききれないのでまたレビューするかも。特によかったのは明石氏との盟友対談、千野帽子氏他の論考、飴さんエッセイ、「金魚鉢をのぞく子ども」、書店員応援メッセージ。他色々。山崎氏の論考は少々賛同できない点も。人物名間違ってるし。向井理さん言うように「夜行」は実写化しやすそう。森見作品実写化熱望します!

  • hiro さん

    ファンブックではお馴染みのロングインタビュー、対談(あの明石氏も登場)、単行本未収録の短編小説3編、仕事場の探訪、自身の全著作解説、森見登美彦をつくった100作等々、ファンにはたまらなく楽しいコンテンツが満載だった。しかし、その中でも「偽電気ブラン」、「詭弁論部」、「おともだちパンチ」等々のあの独特の用語を解説した『辞典』には、モリミ―氏のディープ世界をより身近に感じることができた。モリミ―氏ファンには間違いなくお勧めのファンブックだ。

  • タカユキ さん

    みんな大好きモリミーの秘密に迫れる一冊!各作品の背景や作品間の関係が分かり、既に読んだ本にも新たな楽しみが加わります。「言葉と世界は同時に発生するものだとしか思えない」という言葉が「熱帯」という作品がなぜ産まれたのかが分かり印象に残った。「森見登美彦をつくった100作」には書籍だけではなくコミックや映画も含まれていて、特に「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」が紹介されていたのは納得!そして三編の単行本未収録短編はSF、ファンタジー、ホラーと非常に楽しめました!そして盟友・明石氏との対談は必読です!

  • 鱒子 さん

    まるっと一冊 盛りだくさんの森見さん。読めども読めどもキリがないので、いったん登録です。企画の中でも「森見登美彦をつくった100冊」、わたしが読んでない本もたくさんありますが、意外と共読本が多くてとってもとっても嬉しいです。恩田陸さんや明石氏との対談、萩尾望都さんや宮城あや子さんの寄稿、フジモトマサルさんのイラスト、読みどころが多すぎて、もうスゴイ!

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    面白かったー♪ 森見さんの本は いつも愉快に読んでますが、この本も森見さんのお人柄とか創作の姿勢とか 何度も笑ってしまいました♪ ■中でも、学者や評論家など各方面の人が文学とか民俗学とかの視点で論考してるのが面白かった☆ 「近代文学の志賀・松本式三脚と庄司・村上式フィルター」とか「森見作品の女の子3分類」とか。これ、森見ファンだけでなく小説読みの人には面白いかと♪ 特に近代文学好きには一読をお薦めしたいです! ■明石氏との対談も 森見ファンには ほんと面白くって嬉しくなっちゃいました♪(2019年)(→続

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品