河出書房新社編集部

人物・団体ページへ

ウディ・アレン 振り返りながら前進する 文藝別冊

河出書房新社編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979137
ISBN 10 : 4309979130
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
191p;21

内容詳細

スタンダップ・コメディアンから俳優、映画監督、そして時代を超えたカルチュアヒーローへ――。世界映画史を代表する知性の全貌を、さまざまな視点からの論考・コラム等で再検証する。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • fritzng4 さん

    ウディ・アレン映画のスタッフや俳優たちについて最新の情報でまとめられた石津文子氏のコラムがためになった(ロリンズ&ジョフィの没年なんて初めて知った!)。また、遠山純生氏のコラムでポーリン・ケイルと密な個人的親交を結んでいたことも知り勉強になった。同時代の映画作家と並べて比較してその影響力を語る渡辺幻氏の論考も、なかなか時代との繋がりが見えにくいウディ・アレンの立ち位置を考えるにあたって興味深かった。

  • Tetsuji Yamaguchi さん

    ★★★

  • やまねっと さん

    よくまとまったムックだとおもう。色んな方がウディアレンについて多角的に書いてる。ウディの私生活から作品を読み解くのが主流みたいだ。しかし、僕が読みたいのは、女の子口説き方が抜群にオシャレでカッコ良いのだ。そんな事に触れることは何一つなかった。読みたいものがないからといってこの本は、作品を読み解くのに納得がいく文章が並んでる。 ファンは必読だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品