夏雪ランデブー 3 フィールコミックス

河内遙

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396765286
ISBN 10 : 4396765282
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
追加情報
:
190p;21

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
確かに六花ちゃんの幸せを願いながら自分は...

投稿日:2021/06/18 (金)

確かに六花ちゃんの幸せを願いながら自分は逝った。 でも生きていたら、自分がもっとずっと大事にするはずだった。楽しい事も悲しい事も共に分かち合い。 幽霊となり、目の前で六花ちゃんが新しい男を好きになっていくのを見るのは辛いだろうな。

ポンちゃん さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しいたけ さん

    島尾くん?葉月くん?どっちが主人公?どちらにしても、可笑しくて優しくて、ピュアな男だなあ。葉月くんが迷い込んでる不思議な世界も、島尾くんが生きていたかったこの世界も、どちらも物凄く綺麗でため息が出る。切ないなあ。

  • エンブレムT さん

    お互いの相手を想うがゆえの強がりが、手の届くうちに出来たはずのことをする機会を奪ってしまう。人肌の温もりが、忘れてた淋しさを思い出させてしまう。描かれたエピソードは、ひとつ残らず全てが優しいものなのに、切なさで胸がいっぱいになってしまう巻でした。優しいからこそ、残された切なさが残酷なものになっているのかもしれません。タイトルの『夏雪草』の使われ方には、ただタメ息がでました。誰の幸せを願えばいいのかが、わからなくなりました。

  • 匠 さん

    何かとそれぞれに酷だなぁと思わずにはいられなかった第3巻。六花は実際、本心決まってるのだと思う。でもいろいろな想いで臆病になったり、言動が裏目に出てしまったり。何も知らない葉月は不憫だし、六花の気持ちをわかってても複雑な想いが消せない島尾。全4巻のうち、一番さまざまな想いが濃厚に描かれていたと思う。六花にとっては成り行き任せだったかもだけど、島尾にとってはそんなライトなものではなかったわけで。夜の海での彼の涙に胸が痛んだ。と同時に、葉月の安否がますます気になる。

  • パンジャビ さん

    島尾君が自分の事カミングアウトしないのは何故なんだろ、と考えながら読んだ。島尾君に心を締め付けられながら読んでたけど、 六花ちゃんから葉月君への告白を島尾君が聞いたり、あまつさえ体の関係まで持ってしまう段になって、流石にそれは葉月君にも可哀想だし、島尾君自身に取っても辛すぎるのではないか、と。でも分かりやすく直筆メッセージ残したり、フラワーアレンジしたり、此処彼処にサインを残してるよね。最後の叫び?葉月君、頑張って現世に戻ってきて!島尾君、どうか安らかになれる心の落とし所を見つけておくれ。辛いね。

  • ソラ さん

    うわぁ、江の島の夜のシーンは切なすぎるなぁ。確かにこんな形で失恋するのは…。そして六花もついに気づいたところでどうなるか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド