夏雪ランデブー 2 フィールコミックス

河内遙

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396765033
ISBN 10 : 4396765037
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
追加情報
:
176p;21

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ドラマ化してほしい大人の話だと思いました...

投稿日:2021/06/18 (金)

ドラマ化してほしい大人の話だと思いました。 若い奥さんを残し亡くなった島尾くんの気持ちも分かるし、3人の気持ちが痛いほど理解出来て。 そりゃ身体借りてでも現世に戻りたいよね。

ポンちゃん さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しいたけ さん

    トップギアで切ないモード全開になった。びっくり。「俺はブレないよ ずっと 店長にこっち向いて 笑ってほしいだけ」。ニヘラ〜〜ッ・・・こんな感じでいい?いかん、私は店長じゃなかった。ただ、店長と同じく背中触るの好きだった(照れ)

  • エンブレムT さん

    起承転結の、正しく『承』の巻。煩悩に満ちた幽霊・島尾の「体 貸して」発言から、ストーリーは大きく動いていきます。よりファンタジーの方向へ!ビックリしました。ピンポイントで私のツボを直撃する展開だったんですwそう!『物語の中へ入り込む物語』ってヤツ(笑)葉月が彷徨う絵本の世界が、可愛くてシュールで、でも切なくて・・・。島尾が過ごす六花との時が優しくて、でも残酷で・・・。設定はファンタジーなのに、描かれてる想いはどこまでもリアルで苦しくなります。切なさを直視出来ず、大好き設定にワクワクする方向で読了しました。

  • 匠 さん

    けっこうテンポ速めで展開していく。亡き夫である島尾が葉月に憑依。身体を貸すなんて無謀すぎるけれど、あの状況なら自暴自棄になるのも当然だし、葉月は六花の幸せを何より優先した結果だったのだと思う。そして島尾視点で読むとまためちゃくちゃせつない。一方、葉月は島尾がかつて描いていた絵の世界へ閉じ込められ・・いずれはちゃんと戻ってこれるのか心配。

  • exsoy さん

    昔の店長かわいすぎ!でかいピアス好きくない…

  • パンジャビ さん

    相変わらず切ないな。島尾君も葉月君の体を借りて六花ちゃんに触れたのは嬉しいだろうけれど、六花ちゃんが自分を葉月君と認識して行動してくるのが(当たり前だけどさ)すごく切ない。六花ちゃんの気持ちも辛いよな。まだまだ心が島尾君に残ってるし。思い出は上書きされても消えないっての、しんみりしちゃうし。でも葉月君の真っ直ぐさは、読んでて和む。目つき悪いけど。嬉しがってても目つき悪くて笑えるけど(笑)読めば読むほど、3人が好きになり、それぞれが納得した上で次に勧めるように願いつつ、次巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド