紫式部日記を読み解く 源氏物語の作者が見た宮廷社会 日記で読む日本史

池田節子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784653043461
ISBN 10 : 4653043469
フォーマット
出版社
発行年月
2017年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;20

内容詳細

平安文学を代表する女流作家・紫式部。栄華を誇る藤原道長の娘・中宮彰子のもとで、彼女が見たもの・感じたこととは何だったのか。そして、そこでの経験はどのように彼女の物語世界に昇華されたのか。謎とされる部分も多い彼女の日記『紫式部日記』を丹念に読み解き、紫式部自身の姿とその目に映る宮廷社会に迫る!

目次 : 第1章 「紫式部日記」の構成と内容(彰子の出産/ 産養 ほか)/ 第2章 表現方法の特徴―「栄花物語」との比較検討(日記的部分の執筆動機を表現から探る―寛弘五年敦成親王誕生記事をめぐって/ 紫式部独自の表現―「源氏物語」「紫式部日記」「栄花物語」を比較して)/ 第3章 女たちへの眼差し(彰子に対する評価/ 女房の集団 ほか)/ 第4章 藤原道長像(道長の魅力/ 紫式部と道長の関係)/ 第5章 「源氏物語」との共通点・相違点(容姿を形容する語/ 食をめぐる言説 ほか)

【著者紹介】
池田節子 : 1955年、東京都に生まれる。1987年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。共立女子短期大学・成蹊大学非常勤講師などを経て、駒沢女子大学人文学部教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ayako Moroi さん

    歴史物語研究会での貴重な著者セッションに参加すべく拝読。紫式部日記と栄花物語の文体の差異、紫式部日記と源氏物語の文体の共通性について大変勉強になった。紫式部日記の同僚女房の容貌に関する描写の一覧表もおもしろい。しかし、結局どういう容貌なのかわかりにくい書き方というのが結論。また、当時の文学作品における食品・料理名の一覧も興味深い。一般向けということもあり、女性の働き方に対する視線や女性の多い職場のあり方など、紫式部の時代と現代の女性のおかれた状況の共通点についても触れているのも楽しい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品