人間革命 第12巻 聖教ワイド文庫 第2版

池田大作

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784412015258
ISBN 10 : 4412015254
フォーマット
出版社
発行年月
2013年12月
日本
追加情報
:
518p;17

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • grumpy さん

    涙なしには読めません。師を徹して守り抜く弟子。誓願を果たさんとする弟子。師弟の道に生き抜く弟子。 文面からはほとばしる情熱と、血と汗が感じられました。今この時にこの本を読み終えることが出来て良かったです。

  • wiki さん

    6周目完読。怒涛の如き、伸一青年の脳裏に焼き付いて離れぬ人間・戸田城聖の追憶。小説中では、日淳の言葉を借りて「戸田先生は、本当に立派な方です。……仏様なんですよ」(405p)と語らせている。これが著者にとっても、実感であり、確信であったのではなかろうか。後書きにおいて、晩年の戸田城聖を描く中で、当時を追体験したと回想している。伸一が自らを叱咤し、鼓舞する姿があるが、これは当時から行っていた事であろうし、さらには執筆の中で当時の自分自身に言い聞かせながら書いたように思える。真実は、この師弟にのみ存在する。

  • まぁ さん

    師弟のドラマに目頭が熱くなる。

  • wiki さん

    5週目完読。自身の心境がいかなる状態であるかに関わらず、必要なことを着々と進める伸一の振る舞いは、それこそ訓練の賜物であると思った。希望から勇気と活力は湧き上がる。自身の未来に希望を感じられるかどうか。溌剌たる生命力とも言うべき力がなくては。

  • breguet4194q さん

    6回目の読了。何度読んでも、この感動を表現できる言葉が見当たらない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池田大作

創価学会名誉会長。創価学会インタナショナル(SGI)会長。1928年、東京生まれ。創価大学、アメリカ創価大学、創価学園、民主音楽協会、東京富士美術館、東洋哲学研究所、戸田記念国際平和研究所、池田国際対話センターなどを創立。68年、いち早く「日中国交正常化」を提唱し、日中友好に大きく貢献。「国連平和賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品