あほうがらす 新潮文庫 改版

池波正太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101156255
ISBN 10 : 4101156255
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
追加情報
:
16cm,375p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nemuro さん

    なんとなく、お馴染みの作家のような気がする池波正太郎だが、よく考えてみれば、それは『剣客商売』や『鬼平犯科帳』などテレビで観る時代劇の原作者としてのこと。実のところ、本の方は、あまり(というか、ほとんど)読んだことがなかった。そんな中、先日訪れた、旭川のジュンク堂書店の「選定本コーナー」のような机上に置かれていたのが本書。ユニークな表紙装画(あとで、著者による作品であることを知ったが)に惹かれての購入だった。表題作を含めて11編を収録。どれも読みごたえのある秀作だが「鳥居強右衛門」が特に面白かった。

  • けやき さん

    短編集。11編収録。「つるつる」が読後感がよい。身体的コンプレックスを持つようになった市之助が自分の生きる道を見つけていけたのがよかった。また「狐と馬」は不思議なお話でした。

  • Nak34 さん

    史書を調べ上げる中で、その両手の指の間からこぼれ落ちてきた、本命ではない物語たち。迫力には欠ける。まあ、箸休めかな。次に、行きましょう。

  • HIRO1970 さん

    ☆★☆ACDC・・・?タイに赴任していた時に何でこの国にはおとこおんなとかおんなおとこが多いのか当初は不思議に思っていましたが、日本も昔は同じような感覚があったのかもと思います。個人的には文明の中心からの距離感がこの辺のタガを外す要素の一因にような気がします。あと何でも受け入れる仏教的な寛容も心を解き放つには大事な要素かな・・・アルカイックスマイルって奴ですね。これだけ集めると流石にちょっと偏った感じはしますが、様々な愛のかたちや職業意識があって面白いものでした。正ちゃんは深いね・・・。

  • ポメ子 さん

    11編の短編集。 浅野内匠頭や、荒木又右衛門など、実在の人物と絡めて描かれた作品もある。相変わらず読みやすい。 人間の思いがけない行動や、運命など、巧みなタッチで書かれていて、やはり池波作品は夢中になる。「あほうがらす」は、ユーモアがあって、面白かった。 図書館本

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池波正太郎

大正12(1923)年、東京に生れる。昭和30年、東京都職員を退職し、作家活動に入る。新国劇の舞台で多くの戯曲を発表し、35年、第43回直木賞を「錯乱」によって受賞。52年、第11回吉川英治文学賞を「鬼平犯科帳」その他により受賞する。63年、第36回菊池寛賞受賞。作品に「剣客商売」「その男」「真田太

プロフィール詳細へ

池波正太郎に関連するトピックス

  • 甘味をテーマにしたエッセイが大集結! 芥川龍之介から池波正太郎まで、「あんこ」に関するエッセイを集めた『ずっしり、あんこ』。おはぎ、羊羹、たい焼き、草餅な... HMV&BOOKS online|2015年11月11日 (水) 12:09
    甘味をテーマにしたエッセイが大集結!

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド