BORUTO -ボルト--NARUTO NEXT GENERATIONS-10 ジャンプコミックス

池本幹雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088821931
ISBN 10 : 4088821939
フォーマット
出版社
発売日
2020年01月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
176p;18

内容詳細

木ノ葉の里の暮らしにも馴染んできたカワキ。だがボルトは自らの「楔(カーマ)」の変化に不吉な予感を抱く…。同じ頃、カワキの「楔」にも異変が生じ、そこからジゲンが出現!! ナルトはカワキを守ろうとジゲンと相対するが!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ユーリル さん

    2人がかりでかなわないとは相当なつわものですね。 カワキがちょっと我愛羅っぽい。

  • 笠 さん

    4 新刊読了。カワキを取り戻すために自ら乗り込んできたジゲンに対して。ナルトとサスケの原作最強コンビが対峙する。九尾モードもスサノオも全開の2対1なのに、ジゲンに圧倒されてしまう。結果、ナルトは時空間に封印。サスケは瀕死。ウソ…殻のボス、強すぎ!?その正体は、やはり大筒木の一族だったようだが、ジゲンという肉体はカワキに比べてもポテンシャルの低い器に過ぎないらしい。つまり、最終的にはイッシキが乗り移ったカワキとボルトが戦うことになるんだろうな。果心居士は味方側の模様。小難しいコラムも面白い。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★

  • たー さん

    ナルトとサスケはある意味この世界の頂点のはず…、じゃないの?まぁ、螺旋丸と影分身だけだと弱いけど、それにしてもあっさりやられ過ぎてます。その分敵が強すぎるってことかもしれませんけど。でもなんだかなぁ。こんなに弱いとNARUTOってなんだったの?って話になっちゃいますね。あんだけ忍総出で戦ったのにこの程度だと、他の忍も大したことないってことになっちゃいます。バランスをもう少し取ってくれないと、誰が強いのか弱いのか解らなくなっちゃいますよ。

  • ペーパーボーイ さん

    ナルトとサスケ弱すぎじゃね? 敵が強すぎるのか…そんなに強くは見えないが…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

池本幹雄に関連するトピックス

  • 『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS... 過去の「楔」にまつわるトラウマに縛られるカワキだが、居候を続けるうちに少しずつボルトたちに心を開き始める。しかし、再... HMV&BOOKS online|2019年06月04日 (火) 18:00
    『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS...
  • 週刊少年ジャンプ 2019年6月のコミック新刊 『ハイキュー!! 38巻』『約束のネバーランド 14巻』など、週刊少年ジャンプの人気コミック新刊情報はこちら! HMV&BOOKS online|2019年04月16日 (火) 16:00
    週刊少年ジャンプ 2019年6月のコミック新刊

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品