東京・大阪2都猫物語

池口正和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048990332
ISBN 10 : 4048990330
フォーマット
発行年月
2011年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
阪靖之 ,  
追加情報
:
20X23

内容詳細

日本初・10人の猫写真家が一堂に会する猫写真展覧会における、池口正和、阪靖之の東京・大阪の猫写真を集めた公式写真集。池口正和による東京猫編と阪靖之による大阪猫編に分けて収録。

【著者紹介】
池口正和 : 1995年、現像所で働きながらストリート写真を撮り始める。2005年、猫の魅力に取りつかれ、九州の猫島を撮影開始。2008年、東京の猫を撮りたいという衝動に駆られ、東京へ。以後、人物、猫撮影を中心に、雑誌や展覧会など、精力的に活動中

阪靖之 : 1974年大阪生まれ。12歳頃から鉄道・スナップ・猫や花などを撮り始め、1990年、猫カレンダーフォトコンテストへの投稿をきっかけに、本格的に猫写真に取り組み始める。ネット上で知り合った池口氏と写真展「東京・大阪2都猫物語」を開催するほか、アマチュアカメラマンながら大阪を中心にグループ写真展への参加、雑誌への写真提供などで精力的に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベル さん

    腹を見せて眠るのは猫の専売特許で、 犬というものは腹ばいになって眠るのだと思っていた。 猫は甘え上手のマイペースで、犬は従順な賢い奴・・・。 どうやらそうでもないらしい。 東京と大坂の猫たちの写真を見ながら、 昨年わが家の家族の一員となった、犬の姿をそこかしこに感じた。 わが家の犬は、ひょっとしたら犬の皮をかぶった猫なのかもしれない。 猫も犬もどっちも可愛いということか。

  • むぎじる さん

    都会や町で生活している猫たちの写真集。猫が身近に自由に歩き回っていた、自分の幼い日々を思い出してしまった。人間の思惑はどこ吹く風とばかりに、飄々とたくましく生きている。猫はいつの時代も変わらないのかもしれない。

  • みんみ さん

    偶然にも、この著者の写真家さんにお会いし、お話をお聞きする機会があった。繁華街で人や雑踏の中でもマイペースで暮らしている野良さんの写真を綴った写真集。かわいいその表情の裏には厳しい現実があることを忘れてはいけないと改めて心に誓った写真集であった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池口正和

1995年、現像所で働きながらストリート写真を撮り始める。2005年、猫の魅力に取りつかれ、九州の猫島を撮影開始。2008年、東京の猫を撮りたいという衝動に駆られ、東京へ。以後、人物、猫撮影を中心に、雑誌や展覧会など、精力的に活動中

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品