日本文学100年の名作 第9巻 1994‐2003 アイロンのある風景 新潮文庫

池内紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101274409
ISBN 10 : 4101274401
フォーマット
出版社
発行年月
2015年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
510p;16

内容詳細

未読スルーは、もったいない。本読みの匠も驚愕、感涙、破顔した!厳選現代文学。新潮文庫100年記念出版。

【著者紹介】
池内紀 : 1940(昭和15)年兵庫県姫路市生れ。ドイツ文学者。翻訳、評論をはじめ、エッセイ、人物列伝、演芸・歌舞伎論など、執筆範囲は多岐にわたる。訳書に『ファウスト』(毎日出版文化賞)、『飛ぶ教室』、著書に『恩地孝四郎』(読売文学賞)、『海山のあいだ』(講談社エッセイ賞)

川本三郎 : 1944(昭和19)年東京生れ。文学、映画、旅を中心とした評論やエッセイ、翻訳など幅広い執筆活動で知られる。著書に『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞)

松田哲夫 : 1947(昭和22)年東京生れ。編集者、書評家。’70年に筑摩書房入社後、浅田彰『逃走論』、赤瀬川原平『老人力』、天童荒太『包帯クラブ』、『ちくま文学の森』など数々のベストセラーを生み出し、“ちくま文庫”を創刊する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    1994年から2003年にかけて新潮文庫に発表された作品16編です。現在活躍中の旬の作家さんが書かれています。結構読んでいるのが多いと思いきや、浅田次郎さんと堀江敏幸さんのだけでした。辻原さんの作品と吉村さんの三陸の田野畑村の医者の話が印象に残りました。

  • メタボン さん

    ☆☆☆☆☆何気ない一言が相手を傷つけていたと30年後に知る「辻原登・塩山再訪」無医村に着任した医師夫婦と村人の交流「吉村昭・梅の蕾」会ったことのない偽装結婚の中国人の妻の思いが沁みる「浅田次郎・ラブレター」最後の一行がサイコで怖い「林真理子・年賀状」老婆の当り屋の伝説がある島「村田喜代子・望潮」いじめを受ける自分をセッちゃんという架空の転校生に擬える「重松清・セッちゃん」(タイトルは「流し雛」でも良いと思う)何でもない焚火に死を見つめる「村上春樹・アイロンのある風景」いやしの存在「吉本ばなな・田所さん」。

  • 辛口カレーうどん さん

    村上春樹氏『アイロンのある風景』だけ既読。10巻に比べて、暗いトーンの話が多かった。全体に現実は厳しく、ままならない事が多いというのを感じさせる。吉村昭氏『梅の蕾』無医村にやってきた都会の医者家族と村民の触れ合いという、王道な人情ものだが短い中で、そつなく描かれていた。江國香織さんはやはり好きだ。ふわふわした雰囲気の中に潜む哀しさ。なぜ村上氏のこの短編が選ばれたか、読み始めるまで疑問だったが、焚火を囲むものを包み込む、寂しいような、厳粛で仄暗い雰囲気が、他の作品同士統一感を持たせていたように思う。

  • ぐうぐう さん

    『日本文学100年の名作』第9巻は、1994年から2003年の間に発表された作品を収録している。世紀を跨いでいる以前に、阪神・淡路大震災を経験した期間、という意味合いのほうが、文学としては大きいのだろう。その悲劇の経験は、人を、つまりは文学を優しくさせたのかもしれない。村上春樹「アイロンのある風景」、吉本ばなな「田所さん」などは、そんな優しさの希求がさりげなく描かれている。(つづく)

  • まかあい さん

    巻が進むにつれ、だんだん読むスピードが上がってくる。表紙の絵がいいなあ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品