日本文学100年の名作 第3巻 1934‐1943三月の第四日曜 新潮文庫

池内紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101274348
ISBN 10 : 4101274347
フォーマット
出版社
発行年月
2014年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
514p;16

内容詳細

日中戦争、第二次世界大戦が勃発、史上最大の戦時に。過酷な時代を文学はどう生きたか。激しく戦い、もっとも傷ついた時代の文学は、こんなにも心に響く。中短編アンソロジー全集、第3巻。

【著者紹介】
池内紀 : 1940(昭和15)年兵庫県姫路市生れ。ドイツ文学者。翻訳、評論をはじめ、エッセイ、人物列伝、演芸・歌舞伎論など、執筆範囲は多岐にわたる。訳書に『カフカ短篇集』、『ファウスト』(毎日出版文化賞)、著書に『恩地孝四郎』(読売文学賞)、『海山のあいだ』(講談社エッセイ賞)などがある

川本三郎 : 1944(昭和19)年東京生れ。文学、映画、旅を中心とした評論やエッセイ、翻訳など幅広い執筆活動で知られる。著書に『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞)など多数

松田哲夫 : 1947(昭和22)年東京生れ。編集者、書評家。’70年に筑摩書房入社後、数々のベストセラーを生み出し、“ちくま文庫”を創刊する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    1934年から1943年までの作品を13収めています。幸田露伴以外は読んだことがなく、萩原朔太郎の「猫町」が前から読みたいとおもっていたので最初にあったので楽しめました。戦争が始まったことをあまり感じさせないのは選者にそのような気持ちがあるのでしょうか?

  • メタボン さん

    ☆☆☆☆詩的な幻想風景「猫町・萩原朔太郎」、花街の風俗を垣間見る「一の酉・武田麟太郎」、清廉な武士の魂が心を打つ「仇討禁止令・菊池寛」、シュールな「マルスの歌・石川淳」、金にはだらしないが見事な菊を育てる「厚物咲・中山義秀」、芸者への眼差しが良い「裸木・川崎長太郎」、集団就職や戦時下の事情が伺える「三月の第四日曜・宮本百合子」、食事の描写が良い「茶粥の記・矢田津世子」、パラオの男女事情が激しくも面白い「夫婦・中島敦」。他、玄関風呂・尾崎一雄、既読の幻談・幸田露伴、鮨・岡本かの子、唐薯武士・海音寺潮五郎。

  • kasim さん

    錚々たる書き手が並ぶ豪華アンソロジー。既読はたぶん「猫町」のみ。二人の幼馴染の老人を描く中山義秀「厚物咲」に圧倒的な迫力があった。読者には当初少しだらしないだけの好人物にも見える片野が怪物に等しい人物だと次第に明らかになる。そんな彼がこの世の物とも思えない美しい巨大な白菊を咲かせるという落差。悪目立ちしないのに綿密な語りの技巧も鮮やか。文章の平明でいて美しい点では、中島敦もやっぱりすごい。

  • くさてる さん

    日本文学1934-1943年のアンソロジー。いや本当に名作の名にふさわしい作品ばかりで面白く読みました。中山義秀「厚物咲」は、いまの時代に読むとなおさら響いてくるような異常な性格と老いがもたらす苦しみ、歪んだ友情を見事に描いた一作で、これだけでも読んだ価値がありました。岡本かの子「鮨」の少女と初老の紳士の交流、当時の男女関係の機微が伝わってきて面白い川崎長太郎「裸木」、夫を亡くした妻の想いが、直接的な表現で無いからこそしみるように感じられる矢田津世子「茶粥の記」などが特に良かったです。

  • ぐうぐう さん

    1934年から1943年の10年間に発表された小説を収録した『日本文学の100年』第3巻。日本独特のジャンルである私小説という形式に対し、この当時の作家達が、それぞれの考えをもって接しているのがわかる。それは、非常に魅力的な形式であるがゆえに、そこに囚われてしまう危険もある。しかし、彼等彼女等は、私小説という重力に引っ張られつつも、そこから軽やかにステップを踏んでいる。(つづく)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品