ことば事始め

池内紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750515564
ISBN 10 : 4750515566
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
追加情報
:
227p;19

内容詳細

なじみのことばをもう一度たずねて。「虫がいい」「とちる」「ピンはね」「忖度」。よく知るようで実は遠いその意味を、辞書から記憶から、手繰り寄せ、味わい直してみる。ことばの確かな手応えが残る教養エッセイ。

目次 : ことばの発見1―ことば遊び(うるさい/ せせる、しゃぶる ほか)/ ことばの発見2―つくることば(ちょい役/ 三角乗り ほか)/ ことばの発見3―手書きことば(やにさがる/ いなせ、あだ ほか)/ ことばの発見4―老語の行方(ボケと認知/ シラミとノミ ほか)

【著者紹介】
池内紀 : 1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者・エッセイスト。主な著書に、『ゲーテさんこんばんは』(桑原武夫学芸賞)、『海山のあいだ』(講談社エッセイ賞)、『恩地孝四郎―つの伝記』(読売文学賞)など。訳書に、『カフカ小説全集』(全6巻、日本翻訳文化賞)、『ファウスト』(毎日出版文化賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    著者はドイツ文学者でエッセイスト。この本は著者が気になったことばを辞書訳とともに様々な角度から考察している。日本語というのはほんとうに面白い言葉だと思う。他の言語を知らないので深くは説明できないが、たとえばおためごかし、やにさがる、いなせ、など現在ではあまり使われなくなった言葉を外国語に変換するときどんな風に翻訳するのか気になったり、ちゃぶ台がえぢのちゃぶ台を若い子にどうせつめいするか等。読みやすくて肩の凝らない本。他のエッセイも読んでみたい。図書館本

  • takaichiro さん

    ドイツ文学者、池内さんの日本語エッセイ。「虫がいい」「とちる」「ピンはね」「忖度」など普段でも使われる言葉を文学者の視点で味わいなおす企画。日本語以外の言語に触れると、ロジックや強さより、情緒や優しさに溢れた言語体系が我々の母国語の特徴とわかる。言葉が文化や積み上げの表出や残り香だとすれば、そのルーツを掘り下げてみたいと思う気持ちは、日本人への愛情にも繋がる。この手の本は万人受けしないだろうけど、元号が万葉集からひかれる現代に生きる私は、日本語の奥深さを知るヒント集として蔵書する。

  • tamami さん

    先年亡くなられたドイツ文学者の池内紀先生の、ことばについてのエッセイ集。取り上げられたことばに、先生が生きてこられた時代と先生のお人柄を感じる。うるさい、かぶれる、ピンはね、ねこばば、のろま、やにさがる、いなせ、あだ・・・。そして辞書には載っているけれども、最近はあまり耳にしなくなった微妙な位置にあることばという印象である。あることばが表す事物が少なくなるとことばも廃れていくという。文章を通して時代とことばの移ろいを感じる。ほんの所々、時局に対する先生ご自身の見方が露わになっていて、ご愛敬というべきか。

  • シングルモルト さん

    良い本でした。静かな文体で、色々な“ことば”を題材に政治、身の回りのこと、文学、昔の思い出について語ったエッセイ。風刺、下ネタにニヤリとさせられ、真面目な話、しんみりとした話に思わず頷きながら考え込まされる。うん、この人の文章、僕は好きだな。先日お亡くなりになったとのことで残念。他の著作も追いかけてみようと思う。

  • 雀 さん

    ★★★☆☆ 図書館本。池田彌三郎『私の食物誌』も読みたくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池内紀

1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者、エッセイスト。『池内紀の仕事場』全8巻(みすず書房)、『山の朝霧 里の湯煙』(山と溪谷社)ほか、著訳書多数。『諷刺の文学』(白水社)で亀井勝一郎賞、『恩地孝四郎』(幻戯書房)で読売文学賞、『海山のあいだ』(マガジンハウス)で講談社エッセイ賞、『ファウスト

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品