不祥事 Jノベル・コレクション

池井戸潤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784408536439
ISBN 10 : 4408536431
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
追加情報
:
244p;19

内容詳細

東京第一銀行事務部調査役についた相馬健。
事務処理に問題を抱える支店に独り「臨店指導」する彼に、念願の部下がつけられるという。
しかし、そこにやってきたのは、“狂咲"こと花咲舞。
かつての相馬の部下で、上司を上司とも思わないスーパー“問題"女子行員だった――
さまざまなトラブルを解決に導き、腐った銀行を内側から叩きなおす迷コンビの活躍を描く。
すべてのサラリーマン・OLに贈るオフィスミステリー!


--------------------------------------------------


本書が連続ドラマ化!
本書および「銀行総務特命」(講談社刊)が原作となっている
「花咲舞が黙ってない」が日本テレビ系にて4月16日スタート! 毎週水曜夜10時~
主演は「ごちそうさん」でも主演した杏さんです。


そして、文庫本にも載っていない、
著者10年ぶりの「あとがき」が特別収録されています!


【目次】
■激戦区
■三番窓口
■腐魚
■主任検査官
■荒磯の子
■過払い
■彼岸花
■不祥事
■ノベルス版あとがき・池井戸潤




【著者紹介】
池井戸潤 : 作家。1963年岐阜県生まれ。慶応義塾大学卒。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞、『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。 さん

    667-276-37 つまらなくはないけど、池井戸潤氏の銀行内部の作品はもうお腹いっぱいです。。。下町ロケットや空飛ぶタイヤみたいな作品をもっと書いて欲しい。

  • るぅく さん

    短編小説集です。ドラマになったのですが、ドラマは見ていないままでした。こうやってエンターテイメントとして銀行ものを読めるなら、それは楽しいものです。あとがきでも書かれていましたが、余計なことを考えず、狂咲の行動と結末を楽しみました。いやー、すっきり、楽しかった。

  • こうちゃ さん

    今月から放送のドラマ[花咲舞が黙ってない]の原作本。池井戸作品唯一のヒロイン”狂咲”こと花咲舞と、ちょっとヘタレな上司・相馬健の迷コンビが銀行内の事件やトラブルを解決に導き、腐った銀行を内側から叩きなおす活躍を描く痛快オフィスミステリー。上司であろうが、取引先の社長であろうが、臆すことなく発言し、切れると口だけではなく時には手も出しちゃう舞だけど、人情もあって読んでいて気持ちいい。8話全部面白いけど、特に[三番窓口][荒磯の子][不祥事]がお気に入り。

  • さぜん さん

    なぜか未読だった一冊。ドラマであらすじは知っていたからサクッと読了。池井戸さんのあとがきに「エンターテイメントの答えは一つじゃない。重いものばかりがエライわけではなく、軽く楽しく読めるのも、諧謔趣味で突き進むのもすべてが有りなのだ。」現実にはあり得ない正義を盾に啖呵を切る舞の姿に共感するのだ。皆が思っていても言えないことを代弁してくれる爽快感が池井戸作品の魅力なのだ。ドラマも面白かったし、続編を期待。

  • ハワイ猫 さん

    面白かった。池井戸さんは短編より長編がいい、と思っていたけど読みやすく、きちんと短い中にもスッキリする。花咲舞とその上司相馬の調査役コンビがあちこちの支店で問題解決をはかる流れで、花咲が狂咲化する下りが毎回見もの。歯に衣着せない花咲とおろおろする相馬ににやり。にしても読めば読むほど銀行ってすごい職場なんだなあと思う。エリート、保身、派閥、出世のラインに乗る外れる、いじめ。「彼岸花」だけが視点が変わり児玉視点。真藤とひとまとめに見ていたけどそうでないことがわかって、彼がもしかしたら銀行を変えるのかな、と。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池井戸潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、’11年『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

池井戸潤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド