下町ロケット

池井戸潤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093862929
ISBN 10 : 4093862923
フォーマット
出版社
発行年月
2010年11月
日本
追加情報
:
20cm,407p

商品説明

第145回 直木賞受賞!

佃航平は宇宙工学研究の道を諦め実家の町工場を継いでいたが、経営はまさに崖っプチ。だが世界最先端の技術で特許出願をしていた佃製作所に、ロケット開発という思わぬ展開が…。『週刊ポスト』連載を加筆・訂正して単行本化。

主人公・佃航平は宇宙工学研究の道をあきらめ、東京都大田区にある実家の佃製作所を継いでいたが、突然の取引停止、さらに特許侵害の疑いで訴えられるなど、大企業に翻弄され、会社は倒産の危機に瀕していた。
 一方、政府から大型ロケットの製造開発を委託されていた帝国重工では、百億円を投じて新型水素エンジンを開発。しかし、世界最先端の技術だと自負していたバルブシステムは、すでに佃製作所により特許が出願されていた。宇宙開発グループ部長の財前道生は佃製作所の経営が窮地に陥っていることを知り、特許を20億円で譲ってほしいと申し出る。資金繰りが苦しい佃製作所だったが、企業としての根幹にかかわるとこの申し出を断り、逆にエンジンそのものを供給させてくれないかと申し出る。
 帝国重工では下町の中小企業の強気な姿勢に困惑し憤りを隠せないでいたが、結局、佃製作所の企業調査を行いその結果で供給を受けるかどうか判断するということになった。一方、佃製作所内部も特に若手社員を中心に、特許を譲渡してその分を還元してほしいという声が上がっていた。
 そうした中、企業調査がスタート。厳しい目を向け、見下した態度をとる帝国重工社員に対し、佃製作所の若手社員は日本のものづくりを担ってきた町工場の意地を見せる。

〈池井戸潤〉1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学文学部・法学部卒業。88年旧三菱銀行入行。95年独立し、コンサルタント業等を経て、98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞受賞。

内容詳細

取引先大企業「来月末までで取引終了にしてくれ」メインバンク「そもそも会社の存続が無理」ライバル大手企業「特許侵害で訴えたら、…どれだけ耐えられる?」帝国重工「子会社にしてしまえば技術も特許も自由に使える」―佃製作所、まさに崖っプチ。

【著者紹介】
池井戸潤 : 1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業後、三菱銀行(当時)入行、95年退職。98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞し小説家デビュー。10年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まさに、3度目の正直で直木賞受賞、おめで...

投稿日:2011/07/15 (金)

まさに、3度目の正直で直木賞受賞、おめでとうございます。 池井戸氏は江戸川乱歩賞で福井晴敏氏(亡国のイージスやローレライの)と同時受賞した方です。 デビュー当時は、自らの職歴を活かした「金融系ミステリ」だったのですが、最近はさまざまなジャンルの作品を排出しています。大藪春彦賞の「BT 63」や、つい最近の某政局をパロった「民王」も面白い。 この「下町ロケット」は、「空飛ぶロケット」、「鉄の骨」に続く(中小)企業系作品です。現在民間で働いているサラリーマンには間違いなく共感できる内容の作品も多くお奨めです。 内容に関してはネタバレになるので細かくは書きませんが、もしかしたら自分の身に降りかかるかも・・とドキドキしながら読み進めることができるそんな作品です。 今回の直木賞の受賞インタビューで池井戸氏が「ただ面白い作品を書きたい。」というような発言をサラッと話しているのを聞いて、今後にも期待できるな。と思いました。

メタリック さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️池井戸さんの作品は初めて読みましたが、流石は直木賞受賞作ですね。内容的にも今の日本の閉塞感を打ち破るような、爽快感が感じられるものでした。冒頭とラストがリンクしながらも全く違う結果となっており、リベンジも叶った事で、読後感も非常に良い本だと思いました。訴訟リスクや運転資金リスク企業人なら誰もが関わる話が目白押しでサラリーマンである私は引きこまれて一気に読んでしまいました。なかなか難しいとは思いますが、どんな場所でも夢は持ち続けていたいものだと感じさせる作品です。

  • サム・ミイラ さん

    読み終えるのがもったいないくらい素晴らしい作品。もっともっとゆっくり読めば良かったかな。でも読む手が止まらない。経済小説は好きなジャンル。おまけに陰謀に裁判劇とくれば言うことなし。そんなエピソードを踏まえながら、本筋の夢と希望を乗せ実に爽快痛快な気分にさせてくれる物語。縁の下で日本を支える中小企業、名も無き人々へのエールでもある。私も勇気をもらいました。読んでよかった。

  • めろんラブ  さん

    まさに時代の信託を受けた小説。長引く景気の低迷にリーマンショックのあおりを食い、新興国の台頭も目覚しい。加えて震災と、自信を失いがちな昨今の世情において、「ものづくり」に対するプライドを夢へ、更に形あるものへと変えていく男たちの姿は、確かな希望となって強く心に響く。勧善懲悪モノのようなステレオタイプの人物像と人物各々の掘り下げに物足りなさを覚えたが、読後はそれらを一蹴する爽快感に包まれた。安心・安定・堅実の”池井戸印”は噂に違わぬ高品質。未読の方、ぜひお試しあれ♪

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    途中何度もガッツポーズ 盛り上げ処・泣かせ処は何段ロケットなの!?(笑) 技術立国ニッポンを裏で支える中小企業魂ここにありって感じの小説でした、言うことなし最高の一冊!! それにしても「トノ」が渋ぅ〜い、憧れますぅ(笑) あっ、ネット検索したら東大阪の中小企業組合が人工衛星打ち上げていました、その名も「まいど1号」ですって! (^_^)v

  • にいにい さん

    2014年最初は、池井戸潤さん。日本の中小企業を、メインバンクとの関係、大企業の横暴に対して、技術力を武器に生き残る様をロケットエンジンの製作で描いている。課題設定は大満足だが、著者が本当に技術力というものをどこまで理解出来ているか疑問が残り消化不良。中小企業の技術力や企業運営の問題点は列挙されていたが、紙面制約からかまとめ部分がサラッとし過ぎ。大場教授との関係、特許訴訟相手・倫理違反者のその後、父娘関係等、もう少し、丁寧に筆を振るってほしかった。面白かったので、このまま終わりっていうのが惜しい一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池井戸潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

池井戸潤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド