総合ランキング: 162位 / 文芸ランキング 14位

ノーサイド・ゲーム

池井戸潤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478108376
ISBN 10 : 4478108374
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
追加情報
:
406p;19

内容詳細

池井戸潤最新作!2019年7月放映、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS日曜劇場)の原作。
経営戦略室から左遷された男が挑む――。低迷ラグビー部を“経済的に”立て直せ!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    面白い。もはや安定の池井戸印。都合が良すぎる新監督の登場や、スタープレーヤーの発掘、劇的に伸びすぎる動員数などなど、話が上手すぎて、普通は白けるところなのに、ちゃんと"アツい展開"に転化出来ている。スポーツの描写も、第二のお家芸としてすっかり定着し、最後の試合なんかはかなり熱くなった。ここをレナ視点で読ませるあたりが上手。こういう真摯なファン目線を入れることで、そしてほんのりロマンスの可能性も匂わせることで、ラグビーのルールを知らなくても、全く作品の良さは損なわれないように作られている。

  • しいたけ さん

    結果の見えない日々の闘いに鬱々とするとき、池井戸作品の一気読みは現状打破の熱い想いを心に投げ入れてくれる。またしても、まんまとやられた。『ノーサイド』の精神は、日本ラグビー独自の御伽話だと言う。それでもだ。それだからこそ、誇れるものがあるはずだ。真っ直ぐなものでなければ、人には届かない。善と悪の闘いは、ひとりの人間の中でいつでも繰り広げられている。汗したあとに『ノーサイド』となるように。『最後には道を過たず、理に適ったものだけが残る』。勝敗は得点の多少にあらず。

  • tonkotsu さん

    池井戸さんの新作は、2019年7月から大泉洋さん主演でテレビドラマ化が決定しているラグビー物語の原作本。低迷する社会人ラグビー部を再生させるストーリーが主軸にあり、同時並行で企業内部の権力争い、旧態依然とした日本ラグビー協会との軋轢も描かれる。池井戸作品に共通する「登場人物の熱量」はいつもの感じ。「再生」「反権力」「世代交代」といった、いろいろなテーマがあるので、特に社会人の方は感情移入しやすいと思う。400ページ超あるが、面白すぎてあっというまに読了。

  • ぼっちゃん さん

    今回は社会人ラグビー部の再生がメインだが、ラグビー部を廃部にしようとする幹部の不正、変わろうとしないラグビー協会との戦いもあり、安定の面白さ。

  • 96(くろ) さん

    やっぱり、面白かった。買って良かった。  挫折しながらも熱い思いで悪に立ち向かういつものパターンなんだけど、良い人達が言う言葉がいつもながらに凄く胸を打つ。 でも何か違うな〜って思ってたのが、皆さんの感想を読んで分かった。 そうだ、銀行が出て来なかったからだ。 読み終えちゃって残念だけど、ドラマがあるからそっちを楽しみに待とう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池井戸潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

池井戸潤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品