ようこそ、わが家へ 小学館文庫

池井戸潤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094088434
ISBN 10 : 4094088431
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
追加情報
:
445p;15

内容詳細

恐怖のゲームがはじまった

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。
花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。
執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。
一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、窮地に追い込まれていく。
直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編。

【著者紹介】
池井戸潤 : 1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年に『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第41回吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    2015/2Qの月9でドラマ化 されるというので先行して 読了。 駅のホームで割り込みを 注意したことから始まる ストーカーまがいの 嫌がらせ…そして、 出向先の企業での 不正疑惑…身近に起こりうる 恐怖を池井戸潤が描く。 全編に漂う緊張感のような ものが読者を離さず、 リズム感ある筆致は さすがに池井戸潤である。 やや展開が簡単すぎる気も するが、ドラマ向きかも しれない。

  • HIRO1970 さん

    ⭐️⭐️⭐️⭐️実家借用本。池井戸さん9冊目。設定が実家のすぐそばの駅だったのは驚きでした。今まで読んだ著者の作品の中でもかなり良い作品だと思いました。池井戸さんはまだまだレベルアップしているようです。(鴨池公園の出現には取材力を感じました。笑)いつもの企業コンプライアンス系も同時並行で書かれてはいますが、大多数の人は通勤通学時にこの本を手に取り(半沢直樹のようなスーパーマンではなく)普通の人の日常に潜む恐怖をハッキリと実感し、自分ならどう家族と対処するか考えを巡らしたと思います。皆さんにオススメします。

  • れみ さん

    銀行員で電子部品メーカーに出向中の倉田が駅のホームで割込乗車を注意したことで家族共々嫌がらせに遭うお話。粘着質な犯人が怖すぎ。帯に“池井戸作品史上最弱主人公”ってあったけど確かにそうかな。でも会社では社長や営業部長に立ち向かうところが半沢シリーズの近藤が重なり頑張れ!って応援したくなる。家と会社で起こる別々のトラブルがどっちも結末が気になって一気に最後まで読んでしまった。面白かったです。あと個人的には作中に出てくるグリーンの板を作る会社に勤めてるのでちょっとドキドキした(^_^;)

  • にいにい さん

    このところ瀬尾まいこさんを6作続けて読んだので、同じホンワカを求めて、タイトルで選んだ池井戸潤さんの作品。タイトルに騙されたけど、サクッと面白く読めた。 些細なことで、逆恨みされ、被害にあう名無し社会の危うさと企業内の不正を暴くいつもの池井戸さんの十八番をダブルで楽しめる作品。銀行からの出向者の企業での立場や主人公の性格の弱点を優秀な部下の協力で乗り越えていく話はいつも通り。名無し社会の恐怖、理不尽さ、誰もが加害者となり得る展開の話は過去の主人公の経験も絡め、ありそうなものだった。決着が曖昧なのも良。

  • まひはる さん

    アタリ続きの池井戸作品なので期待してしまった。面白い流れだったのに、ちょっと盛り込みすぎて焦点がぼやけた感が。経理話は抑え目にして、もっとメインを厚くしてほしかった 。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池井戸潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。’98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、’11年『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

池井戸潤に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド