ルポ「8050問題」 高齢親子“ひきこもり死”の現場から 河出新書

池上正樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309631158
ISBN 10 : 4309631150
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
252p;18

内容詳細

80代の親が、ひきこもる50代の子どもを支えて生活に行き詰まる「8050問題」。長期高年齢化している中高年のひきこもり当事者とその家族は、制度のはざまに取り残され、社会から孤立している。ギリギリのところで踏みとどまっていた高齢親子たちが共倒れしてしまう事例が相次ぎ、当事者たちも「親が死んだら、どうしよう」と不安を抱えている。彼らが安心して生きていける社会にするために、今、何をすべきなのか。ジャーナリストが現場の声を届ける。

目次 : 第1章 「8050問題」の背景/ 第2章 歪められた「8050問題」/ 第3章 親が死んだら、どうするのか/ 第4章 子どもを隠す親たち/ 第5章 支援は家族を救えるのか/ 第6章 生きているだけでいい居場所をつくる

【著者紹介】
池上正樹 : 1962年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大学卒業後、通信社勤務を経てフリーのジャーナリストに。ひきこもり問題、東日本大震災、築地市場移転などのテーマを追う。現在NPO法人「HKJ全国ひきこもり家族連合会」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 大阪魂 さん

    図書館本。80歳になった親と50歳になった引きこもりの子。親の年金とかで暮らしてるうちはいいけど、親がなくなってしもたら…親の死体と何か月も暮らしてたって事件が発生したりしてるけど、40歳以上の引きこもりは60万人以上ってことで、この問題はこれからどんどんでてきそう…この本は「就労へ」から「生きてるだけでいいんだよ」への転換が大事って。コミカフェなど地域で当事者や家族が集える場所、生産性でなく人との関わりで評価する「連携」支援、39歳以下対象の支援制度の40歳以上への拡充…孤立死のない世の中にしやんとね…

  • ゆう。 さん

    ひきこもりを自己責任にしてはならない。また、犯罪とひきこもりを安易に結びつけるのも間違っている。8050問題は、SOSを発信したくても精度の狭間で社会から見放され、また発信すること自体が恥だとする社会問題である。そのままがいいと寛容する社会が求められている。

  • 崩紫サロメ さん

    8050、つまり80代の親と50代のひきこもり状態にある子の問題を扱っている。従来引きこもりは若い世代の問題として扱われてきており、現在も支援は39歳まで、などというところも多い。これら高齢のひきこもりが可視化されてこなかった、また彼ら親子ともども追い込んでいった原因は、ひきこもりを「恥」とする日本の風土にあるという。暗い話が続くが、ひきこもりから脱した人々による活動を通して見えてくるのは、従来の「恥」の文化を変えていく新たなネットワークだろう。

  • マリモ さん

    去年の川崎通魔殺傷事件が元になって引きこもりの問題がまた再熱していたけど、その時の引きこもりに対するイメージが犯罪者のように写っていた。しかしそれは違って物凄くマジメで優しい人達だった。著者は長年引きこもりに対する取材を行なっているのでそれがよくわかっている。もしこのまま何も手を打たなければ大変なことになる。

  • saiikitogohu さん

    「2019年3月29日、内閣府調査…40〜64歳の「ひきこもり中高年者」の推計は約61万3000人…2016年公表、満15歳〜満39歳のひきこもり状態の人の推計が54万人」「39歳までの調査では、ひきこもるきっかけとなった理由としては「不登校」と「職場に馴染めなかった」がトップ、他方で40歳以上の場合は「退職したこと」がもっとも多く、次に「人間関係」「病気」「職場に馴染めなかった」などと、雇用環境の問題が要因になっている」19「ひきこもり状態の子がいる家庭のうち、…過去に暴力…全体で22.6%」47

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池上正樹

1962年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大学卒業後、通信社勤務を経てフリーのジャーナリストに。ひきこもり問題、東日本大震災、築地市場移転などのテーマを追う。現在NPO法人「HKJ全国ひきこもり家族連合会」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品