妻と私と三匹の犬たち

江藤淳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309405988
ISBN 10 : 4309405983
フォーマット
出版社
発行年月
1999年11月
日本
追加情報
:
243p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆうゆう さん

    三匹のコッカー・スパニエルの娘、ダーキイ、アニイ、パティとの日々。犬から娘度のあがる付き合い。可愛くて可愛くて、仕方ないよね。が、あふれてくる。それだけに、妻に先立たれて、病に倒れた後の、江藤氏の最後がさびしい。

  • うえ さん

    「八月二日には摂氏三十度まで気温が上がりました…軽井沢銀座の旧道には…焼きソバのソースの匂いがたちこめて、若い人がゾロゾロ歩いているだけですから、暑苦しくてやりきれません…ゲームセンターのようなものができて、新宿あたりの盛り場の一角を切り取って軽井沢の旧道に運んだ、とでもいうような趣きを生じていることです。その周辺にむらがっている若い男女の顔がまた、例年にも増して少しも美しくない。これだけ人がいるのだから、一人や二人はキリッとした若者らしい顔をした男女がいてもよさそうだと思うのですが」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江藤淳

1932年12月25日〜1999年7月21日。批評家。東京生まれ。1957年、慶應義塾大学卒業。大学在学中の56年、『夏目漱石』を刊行。偶像化されてきた漱石像をくつがえし、その後の漱石研究の方向を示す。62年から数度にわたりアメリカに滞在、『アメリカと私』を生むとともに、のちの「国家」への関心や敗戦

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品