北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 宝島社文庫

江本マシメサ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784800272119
ISBN 10 : 4800272114
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
追加情報
:
307p;16

内容詳細

"北欧の地で始まる、奥手な2人のスローライフ! 第3回なろうコン大賞金賞受賞作、待望の文庫化!
極寒の地を治める貧乏貴族・リツハルド。男前の元女性軍人・ジークリンデ。彼女の鋭い眼差しに心奪われたリツハルドは、思わず告げる。 「あっあの、自分と結婚して下さい!!」 一目惚れからはじまった、一年間のお試し婚。ソリを駆ってトナカイを狩り、解体&仕分け&熟成。ベリーを摘み、保存食を作り、蝋燭や伝統工芸品を作る合間に、凍結湖で魚釣り。今日のごはんは木の実いっぱいのパンとほかほかサーモンシチュー。自給自足の狩猟民族的スローライフを通して、奥手な2人は無事、正式な夫婦になれるのか! ? オーロラ輝く辺境ではじまる、不器用夫婦(仮)のほのぼの生活。"

【著者紹介】
江本マシメサ : 長崎県出身。2012年9月より執筆を開始し、「小説家になろう」にて発表。『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(宝島社)で第3回なろうコン大賞金賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    極北の地の領主とお試しで嫁いできた「男装の麗人」とのほほえましい共同生活。住む地の特色を活かした狩猟や料理の数々がお互いのやさしさをはぐくんでくれる。このふたりは素敵な夫婦になれそうだ。

  • Kanae Nakajima さん

    極北の地を治める貧乏貴族が、異国の社交界で一目惚れした元軍人の男装の麗人と、お試し婚として暮らす一年間を丁寧に綴る物語。狩猟や獲物の解体、保存食作りなど驚くほど細かく正確な描写の一方で、全体の話運びはぎこちないな、と思ってたらこれがデビュー作なのですね。シリーズ化されていることも後から知って、消化不良気味な部分も続きがあるなら、と納得。

  • あおでん さん

    初読みの作家さん。幸せオーラがずっと続いているような物語を時々読みたくなるので、ピッタリの本だった。防人さんのイラストもとても美しい。単行本ではシリーズ4巻で完結しているようだが、文庫本も続編が出るのだろうか…?

  • ぐっち さん

    最近マシメサさんづいてる。北欧の妖精のような三つ編み伯爵と、男装が似合う妻の仮の夫婦暮らし。うん素敵。単行本で続巻があるようなのですが…イラスト付きなのか、そっちでそろえようかな?

  • ダージリン さん

    雪国というか、極寒の地での自給自足で厳しいはずなのに、契約結婚のふたりがほのぼのしてて素敵です〜♪ 表情に出ない分、ジークリンデ視点の章が嬉しい(笑)。そして何より、文庫で続きを出して欲しいんですけどー!!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江本マシメサ

『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(宝島社)で2015年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品