黒蜥蜴 江戸川乱歩全集 第9巻 光文社文庫

江戸川乱歩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334735685
ISBN 10 : 4334735681
フォーマット
出版社
発行年月
2003年10月
日本
追加情報
:
16cm,685p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
『黒とかげ』腕に黒いトカゲの刺青をした暗黒...

投稿日:2007/05/19 (土)

『黒とかげ』腕に黒いトカゲの刺青をした暗黒街の女王にて女賊。美しい彼女に心酔し、悪に手を染める青年は何人もいるが、氷の様に冷たい彼女の心をとろけさせたのは、名探偵:明智小五郎であった。彼女の最期のたったひとつの願いは、愛する明智からの口づけ・・。女として泣ける。

笑窪 さん | ヘコミーセブンアタック | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    黒蜥蜴というといつも戯曲の三島由紀夫と三輪明宏さんを思い出してしまいます。本家本元はこの江戸川乱歩の探偵小説なのでしょう。明智などおなじみの登場人物がでてきます。読んでいて楽しめるということで人間豹や柘榴も同列です。

  • zakuro さん

    「黒蜥蜴」ってなんとなく三島由紀夫?美輪明宏?みたいなイメージを持っていたけれど、そうか原作江戸川乱歩か。当時の舞台化の記事が載っていて、黒蜥蜴=水谷八重子(新派)に大人の事情的なものを感じ、田宮二郎の名に「おお」となり、お嬢さん=大空真弓でしみじみした。黒蜥蜴登場第一声が「…僕…」で、年齢性別素性全て不詳のキャラクターにワクワク。時代なのかちょっと皮肉を言っただけで「毒口」扱いで、現代(私)はいかに口汚い言葉を使っているか考えさせられた。船や地下室のシーンが続き、終始ほの暗いビターな雰囲気。

  • 橘@お休み さん

    「黒蜥蜴」と「石榴」は既読でした。「黒蜥蜴」は大好きな作品。今月頭に美輪明宏さんの舞台を見に行ったので、黒蜥蜴の台詞が美輪さんの声で再生されて贅沢な読書でした。明智探偵と怪盗、男と女、そのぶつかり合いが読みごたえありました。一緒に収録されていた「人間豹」も明智さんが出て来てハラハラドキドキ。「黒い虹」と「石榴」はあまり…あ、石榴のどんでん返しは好きでした。

  • ひで さん

    昔見たテレビ番組が蘇る。

  • ホームズ さん

    『黒蜥蜴』『人間豹』と明智小五郎が登場するのが面白かったです(笑)どちらも結構明智は相手にやられてますね〜(笑)『人間豹』では自分も捕まり奥さんも誘拐されてしまうし(笑)『黒蜥蜴』は昔テレ朝とかでやってた天地茂の明智小五郎を思い出してしまい面白かった(笑)最後の場面とか印象に残りますからね〜(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江戸川乱歩

1894‐1965。明治27年10月21日三重県に生まれる。早稲田大学で経済学を学びながらポーやドイルを読む。様々な職業を経験した後、大正12年、雑誌「新青年」に「二銭銅貨」でデビュー。昭和22年、探偵作家クラブ結成、初代会長に就任。昭和29年、乱歩賞を制定。昭和32年から雑誌「宝石」の編集に携わる

プロフィール詳細へ

江戸川乱歩に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品