暗黒星 春陽文庫

江戸川乱歩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784394301684
ISBN 10 : 4394301688
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「暗黒星」は文章を「です〜ます。」超に替...

投稿日:2021/06/12 (土)

「暗黒星」は文章を「です〜ます。」超に替えるだけで少年ものに替えられそう。登場人物のキャラクターを深掘りしていない分ポプラ社から出版されていても違和感なく読めそう。 裏を返せば殺害動機(変更)と登場人物のキャラクター(深掘り)を丁寧に描けば長編通俗小説として面白みが増したのではないでしょうか。 「闇に蠢く」は、雰囲気を満喫する目的で読む本だと思います。 只、乱歩のおどろおどろしい文体で、横溝正史の岡山もののような地方に持っていくと増々陰湿さが際立ってしまうので個人的に好きではありません。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kircheis さん

    ★★☆☆☆ 『暗黒星』と『闇に蠢く』の2編を収録。 『暗黒星』は個人的に乱歩のワースト作品で、盛り上がる場面もないし、全体的にやっつけ仕事のような印象を受ける。 『闇に蠢く』は乱歩の初長編らしいが、ストーリーに一貫性がなく、乱歩の好きなプロットを無理に詰め込んだだけに感じた。そうは言っても、こちらはそこそこ楽しめた。 準主役のような登場だったのに、ほぼ見せ場のない植村が哀れ。そして美人ではないのに男を次々と虜にするお蝶はどんだけ魅力的な体してるの?

  • warimachi さん

    「闇に蠢く」の方は過去に読んだ覚えがあるけど、「暗黒星」はどうだったかな。どのみち忘れそうな内容だった。「闇に蠢く」はどちらかというと忘れたいような内容で、なんかもう乱歩も書いててイヤになったのかなあという感じであった。

  • ロバーツ さん

    春陽堂の江戸川乱歩文庫。「暗黒星」と「闇に蠢く」を収録。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江戸川乱歩

1894(明治27年)〜1965(昭和40年)、小説家。1923年、『新青年』に掲載された「二銭銅貨」でデビュー。初期作品は日本人による創作の探偵小説の礎を築いた。幻想怪奇小説も人気を博す。1936年、少年向け推理小説シリーズの第1話「怪人二十面相」を雑誌『少年倶楽部』に連載。太平洋戦争により一時執

プロフィール詳細へ

江戸川乱歩に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品