サイコ・ミステリー傑作選

江戸川乱歩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309402284
ISBN 10 : 4309402283
フォーマット
出版社
発行年月
1988年12月
日本
追加情報
:
282p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三谷銀屋 さん

    作中に心理分析的な要素が登場するミステリーアンソロジー。人間心理とトリックの組合せがどれも絶妙。江戸川乱歩の「心理試験」は定番だけど、犯人がクズ過ぎるためか最後はスカッとした気分になる笑。明智小五郎がかっこいい。団地のベランダからの子供の落下事件の濡れ衣を着させられそうになった教師が、潔白を証明するために子供の心理分析を行った結果、意外な真相が明らかになる「児童心理殺人事件」(森村誠一)、回転する車輪が怖い!という「車恐怖症」の男の心理分析の顛末が皮肉な結末に繋がる「不安の分析」(逢坂剛)が面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江戸川乱歩

1894(明治27年)〜1965(昭和40年)、小説家。1923年、『新青年』に掲載された「二銭銅貨」でデビュー。初期作品は日本人による創作の探偵小説の礎を築いた。幻想怪奇小説も人気を博す。1936年、少年向け推理小説シリーズの第1話「怪人二十面相」を雑誌『少年倶楽部』に連載。太平洋戦争により一時執

プロフィール詳細へ

江戸川乱歩に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品