猫の扉 猫ショートショート傑作選 扶桑社文庫

江坂遊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594084042
ISBN 10 : 4594084044
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
314p;16

内容詳細

ショートショート界の第一人者にして、星新一唯一の弟子である江坂遊が、古今東西の猫にまつわる名作から選びぬいた珠玉の掌編30編+α。星新一、筒井康隆、小松左京、スレッサー、ブラウンといったショートショートの代表的作家から、ヘミングウェイら文豪の名作、さらには有名童話、コミックまで、まさになんでもありの「読む猫だまり」です。

【著者紹介】
江坂遊 : 1953年、大阪府生まれ。早稲田大学卒。日本文藝家協会会員、日本SF作家クラブ会員。第2回「星新一ショートショートコンテスト」で「花火」が最優秀作品に選ばれデビュー。星新一に師事し千篇以上の作品を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mii22. さん

    【にゃんこまつり2020A】この一冊の本の扉を開くと色々な時代の色々な場所へと小旅行できる。猫ショートショートだからもちろん有名なあのお話も出てくるが、ほとんどは初めて目にするものばかりでとても楽しめた。なかでもサキ、ラヴクラフト、カフカ、ヘミングウェイ作品には読む前から興味津々。とりわけお気に入りになったのはお洒落で可愛らしい岸田今日子「暖炉の前できいた話」。そして最後の梅崎春生「猫の話」は高校の国語の教科書で読んで以来ずっと深く印象に残っていたお話。残酷な中に猫への情愛と思慕が切ないぐらい感じられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江坂遊

1953年、大阪府生まれ。早稲田大学卒。日本文藝家協会会員、日本SF作家クラブ会員。第2回「星新一ショートショートコンテスト」で「花火」が最優秀作品に選ばれデビュー。星新一に師事し千篇以上の作品を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品