一緒にお墓に入ろう

江上剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594080792
ISBN 10 : 4594080790
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
383p;19

内容詳細

大手銀行の執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉。東京で勝ち馬に乗った人生を歩んできたものの、仕事への“情熱”など、とうに失われている。妻はもとより、十数年来の愛人・麗子との関係もマンネリ化。そんな中、兵庫県丹波にある実家の母が死んだ。地元で暮らす妹は嫁いだ身を理由に、墓を守るのは長男の役目だと言って譲らない。妻は田舎の墓に入りたくないと言い出す。ああ、俺にはお前しかいない…「一緒に墓に入ってくれ」。麗子に勢いで言ってしまった。そして、順風満帆だったエリート人生が狂い始める…。「墓じまい」をテーマに描く、大人の人生ドラマ―。

【著者紹介】
江上剛 : 作家。1954年、兵庫県生まれ。’77年、早稲田大学政治経済学部卒業。第一勧業(現みずほ)銀行に入行し、’03年の退行まで、梅田支店を皮切りに、本部企画・人事関係部門を経て、高田馬場、築地各支店長を務めた。’97年に発覚した第一勧銀の総会屋利益供与事件では、広報部次長として混乱収拾とコンプライアンス体制確立に尽力、映画化もされた高杉良の小説『呪縛 金融腐蝕列島2』のモデルとなる。銀行在職中の’02年、『非情銀行』(新潮社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • モルク さん

    63歳、メガバンクの常務である主人公には13年来の愛人がいる。田舎に一人暮らしていた母が急死したことにより、東京で暮らす彼も長男であることから墓問題が起こる。妻は田舎の墓には入りたくないという。だが、主人公の軽口から愛人は一緒の墓に入りたいという。さてそれからすったもんだが始まる。終活そして我が家も抱えている墓じまいの問題。出来ることなら目を閉じて見ない振りしたいけど、子供に迷惑かけられないし、私の代で何とかしなければと思いつつ読んだので、その部分は参考になった。

  • ゆみねこ さん

    大手銀行の常務執行役員に上り詰めた男・大谷俊哉。実家の母の死をきっかけにお墓問題勃発。妻の言い分、愛人との関係。ドタバタ喜劇ですが、今の時代の墓地問題は良く分かります。

  • nana さん

    終始主人公にイライラしながら流し読み。あんまり好きな話ではなかった。お墓に関する現状がわかってよかった。

  • 四つ葉🍀 さん

    主人公は東大を出て大手銀行の執行役員にのぼりつめた大谷俊哉。妻の小百合と一見平穏な暮らしをしている様に見えます。そんな中、兵庫の実家に住む俊哉の母が亡くなった事から物語は始まる。田舎の墓に入りたくないと言い出す妻の小百合。それが元で俊哉は愛人の麗子に「一緒の墓に入ってくれ」と勢いで言ってしまう。登場人物が皆、揃いも揃ってぶっとんだ人ばかりで共感出来る人物もおらずコメディドラマを観ている様でした。今時のお墓事情、墓じまい、最近たびたび耳にする死後離婚など興味深い内容ではありましたが、軽い印象の物語でした。

  • Yunemo さん

    ある意味コミカルに人間最後の対応方法についての物語。前作の「蕎麦食べていけ」でも感じた、重い問題を一瞬の軽さでもっての著者の表現、何だか他人事に想えるんだけど、実は男子読み手への警鐘、そう理解して。大手銀行の役員でもこの程度、実態を知る作者ならでは。でも自身の身を踏まえるとそうそう非難できないところがあり過ぎて。女性の強さ、したたかさには到底立ち向かえないことをしみじみと。ここでも出てくる「姻族関係終了届」、ますます男の立場は弱まって。身から出た錆との現実感はあるものの、何だか前途不透明感が拭えぬままに。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

江上剛

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。第一勧業銀行(現・みずほ銀行)に入行し、人事部や広報部、各支店長を歴任。’97年の第一勧銀総会屋事件では解決に尽力。事件を材にした映画「金融腐蝕列島 呪縛」のモデルになった。銀行業務の傍ら、2002年に『非情銀行』で作家デビュー。’03年に銀

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品