誰がタブーをつくるのか? 河出ブックス

永江朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309624747
ISBN 10 : 430962474X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
追加情報
:
217p;19

内容詳細

どうして「自粛」が必要なの?「わいせつ」の基準は?「名誉毀損」の線引きは?言っていいことと悪いこと、書いていいことと悪いことの判断基準は?タブーはいかにして、そして誰のために生まれたのか?「そこそこ自由な国・日本」に生きるぼくたちだからこそ知らなければならない、誰も教えてくれないタブーの正体と、それを見抜くための思考法。

目次 : 序章 「言論の自由」と「自由な言論」、「表現の自由」と「自由な表現」/ 第1章 出版と報道のタブー(いってはいけないこと、報じてはいけないこと/ ビジネスにまつわるタブー/ 差別とタブー)/ 第2章 外側からの規制(刑法第175条「わいせつ罪」/ プライバシーと出版―民法第710条「名誉毀損」/ 青少年保護育成条例/ そのほかの、法による出版規制)/ 第3章 じぶんからの規制(タブーと規制)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Humbaba さん

    制限があるというのは、必ずしもマイナスに作用するというものでもない。確かに自由度は少なくなるものの、そのルールに触れないギリギリのラインをついていくというのも、また楽しみを与えてくれる。制限があるうちはそれを取っ払いたいと願うものの、実際に取り払われてみると意外とその制約に助けられていたことに気づくこととなる。

  • スパゴー さん

    15年程前に、ある大手企業では管理職世代(今60〜70歳ぐらい)の人達に『差別用語を使わないように』という研修をさせられたと聞いた。(『めくら』や『どかた』など)小さい頃から普通に聴いて育っているので差別用語と意識せず発してしまうかららしい。若者はその言葉自体を知らないで育ってきているので、無用な知識を教えるなという事らしい。言葉の意味や歴史を全く知らないのもどうなんだろう…。

  • ZEPPELIN さん

    身近だなと思ったタブーは部落差別。別に差別が行われているという意味ではなく、集落と部落が全く同じ意味で使われてるという意味で。「おらほの部落」なんて発言はよく聞くし、「部落内・徐行」という看板も何の問題もなく置かれている。タブーだ差別だと騒いでも、少なからず地域差があるということを覚えておかないと、地元の人とは会話にならない。そんなことを考えながら読んだけれど、著者の思想を好きになれないせいか、または自由をやたらと叫ぶ人は嘘臭いと常々思っているせいか、作品としては面白くない

  • てながあしなが さん

    図書館本。永江さんの本が好きなので読んでみたが、面白かった。タイトルでちょっと誤解が生じているかも。メディアのタブー、自主規制について広く論じられている。考えるきっかけになるため、手元に置くか迷う。

  • ジュースの素 さん

    日本は一応自由な国だと言われているが、他の国から見たら そうではない所があるのかも知れない。業界によっても規制が違うし。 でも どうもピンとくる内容ではなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

永江朗

1958年北海道生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系の洋書店、アール・ヴィヴァンに約7年間勤務した篤、『宝島』などの編集を経てフリーライターに。「哲学からアダルトビデオまで」幅広いジャンルで活躍する。とりわけ書店流通には造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品