CD

L'EPILOGUE

氷室京介

基本情報

カタログNo
:
WPCL12342
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤, グレイテストヒッツ

商品説明

2016年4月23日の京セラドーム大阪公演を皮切りに、5月23日の東京ドーム公演までの7公演、全国4大ドームツアーを行う氷室京介。
今ツアーに合わせて自身初となる“オールキャリア”から構成されたベストアルバムのリリースが決定した。このベストアルバムはBOØWY時代の楽曲から現在に至るまで、氷室京介が生み出した数々の名曲が収録されている。氷室の代表曲である「ANGEL」「KISS ME」「魂を抱いてくれ」などのヒット曲は勿論のこと、名曲「CLOUDY HEART」「わがままジュリエット」に加え、「ミス・ミステリー・レディ」「“16”」「FUNNY-BOY」などBOØWY時代の楽曲を新たにレコーディングして収録。

さらに「FOLLOW THE WIND」「MONOCHROME RAINBOW」の2曲をニール・ドーフスマンがリミックスを行い、再レコーディングされたBOØWY楽曲をスティーブ・チャーチヤードがミックスを、全曲リマスタリングをテッド・ジェンセンが担当するなど、グラミー・エンジニアが名を連ねた作品となっている。また今回BOØWY楽曲を再レコーディングした事について、氷室は「LAST GIGSを間近にひかえて、今の自分としてもう一度BOØWY楽曲と向き合ってみたいと思った」と語っている。今作品に関する全ての監修は氷室自身が行っているが、純白のジャケットデザインについては、「ファンと氷室京介の関係性として、無垢な気持ちでありたい」という氷室の想いが込められている。

内容詳細

自身の監修による初のオールキャリア・ベスト・アルバム。ソロの代表曲からBOOWY楽曲の再録まで含んだ作品は、“KYOSUKE HIMURO LAST GIGS”を見据えたかのようなライヴが意識されたかのような内容で、聴くにつれキャッチコピーの“俺たちは氷室京介を卒業できない”という思いが強まってやまない。(薫)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今年の初め頃に無期限活動停止の報を知って...

投稿日:2016/05/21 (土)

今年の初め頃に無期限活動停止の報を知ってから程無くしてこのアルバム発売を知り、即時予約購入を決めました。 初回特典そのものは当初の予想程ではありませんでした(失礼)が、肝心の楽曲クオリティは氷室自身が往年のBOOWY全盛時代からその後のソロ活動時に私自ら高校から大学時代を経て日々繰り返し聴いていた当時を彷彿とさせるような全く遜色のない仕上がり振りで、久しぶりに『日本の本物のロック』を聴くことが出来ました。 名盤として今後長く語り継がれる一枚の一つに必ずや加わると思います。

tak さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
突然の、引退宣言今でもまだ信じられません...

投稿日:2016/03/11 (金)

突然の、引退宣言今でもまだ信じられません。 最ごに会いに行きたい…

真 さん | 兵庫県 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

氷室京介

伝説のロックバンド、Boowyのボーカリストとして、またはキング・オブ・ビートロックの名をほしいままにするNo.1ロック・ヴォーカリスト氷室京介。Boowyとしては1982年にデビュー。日本を代表するロック・バンドとなる。しかし、人気絶頂中、1987年12月24日、渋谷公会堂にて解散宣言。

プロフィール詳細へ

氷室京介に関連するトピックス

おすすめの商品