うみねこのなく頃に散 Episode7: Requiem Of The Golden Witch 4 ガンガンコミックス

水野英多

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784757540446
ISBN 10 : 4757540442
フォーマット
発行年月
2013年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 645 さん

    このベアトの容姿はガァプにしか見えないな、今迄のガァプという魔女は名をヤスに譲り後に命名され存在していたという事?魔女伝説は至る所で小出しに語られているが、どうにも分り難いというのが正直な所。今回は使用人が魔女へと転生する過程が描かれた訳だが、こういう事が色んな世界線で起きていたと考えると、そもそもの人間と魔女との境界線が曖昧になり増々何が起こっていたのか分らないな、早く真相が知りたい(笑)ヤスが居なかった事になり、紗音の未来はどう変わるのか?今迄見ていた不出来な紗音はヤスの面影を残した結果なのかも。

  • ふじすけ さん

    前に戦人が、紗音を好きだった、ってな話も伏線か! と納得。ガァプはもとベアトとして、ロノウェたちも誰かの反映だったりするのかなー。あー、続きが気になるー。

  • 伊瀬有佐 さん

    原作プレイ済だけども、完結してからまとめて読もうと流し読み。これが噂の厨二病か。漫画で読めば多少は判るかと思ったが……うぅむ……ヤスが見ていた紗音と、ヤスがいなくなったあとの紗音は同一人物? ヤスから見れば紗音は有能だったけれど、紗音自身は自分はたいした事のない使用人だと思っていたということかしら。

  • 私的読書メモ漫画用 さん

    『ベアトリーチェ』について、語られ続けます。犯人の動機独白が延々と続いているようなもので、一般的に考えるとウェイトの置き方が大きすぎるように思われますが、ホワイダニットを最も重視する語られてきた通り、作者のポリシーを貫いた結果なのでしょう。丁寧にちりばめられた伏線の回収も面白いです。

  • 在賀くるみ さん

    とにかくまだ先を読まないことにはわからないですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品