いきものがたり 小学館文庫

水野良樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094066142
ISBN 10 : 4094066144
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
追加情報
:
507p;15

内容詳細

大人気グループ「いきものがかり」の有名曲の多くを作詩作曲している水野良樹氏が、自分たちの出会い、グループの結成、路上ライブ、メジャーデビュー、多くのミュージシャンとの出会い、その後の大成功までのプロセスを、自ら甘酸っぱく書き下ろした。青春成長物語と呼ぶべき、自伝的ノンフィクション。デビュー以前の秘蔵写真も、たっぷりと収録。続編として新たに1万字を書き下ろした「新録改訂版」。

目次 : 山下穂尊/ 旧いきものがかり/ 吉岡聖恵/ 青春時代/ 学習室の夢物語/ 彼女しかいなくて/ 無知なる強さをたずさえて/ 遅すぎた、春/ ぼくらの1枚目/ 路上ライブの第六感〔ほか〕

【著者紹介】
水野良樹 : 1982年生まれ。ソングライター。99年に吉岡聖恵、山下穂尊と「いきものがかり」を結成。06年メジャーデビュー。神奈川県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ばんだねいっぺい さん

     最近、メディアでの存在感が高まり始めているように見える水野さん。 山下さんと吉岡さんと笑顔ながらも苦しい旅路の果ての一旦の放牧そして集牧だったのだな。水野さんと吉岡さんが自転車ですれ違う場面や、路上ライブは、まるで自分がそこにいるように想像した。「ありがとう」って、自信なかったんだな。意外だった。気を使った文章に人柄を感じました。

  • こうせいパパ さん

    自分はいきものがかりが好きである。「帰りたくなったよ」「風が吹いている」など、好きな曲はとても多い。そんないきものがかりの作詞作曲を手掛ける、水野氏のノンフィクション作品。路上ライブから様々な経験を経ながら、ついには紅白歌合戦のトリを務めるなど一流アーティストに成長していくサクセスストーリーはまさに小説的なのだが、これは事実なのだ。決して驕らず偉ぶらず、互いを尊重し合う3人には好感が持てる。これからも名曲を世に出し続けてほしい。

  • 猫カヌレ さん

    あああ。好きだぜリーダー! いきものがかりのリーダー水野良樹の目線で書いた「いきものがかり」の物語。新録改訂版では「放牧」についても記述が追加されました。 いきものがかりファンにはたまらない本ではありますが、いきものがかりの楽曲が好きという方にも是非読んでいただきたい本です。 リーダーには謎のシンパシーを感じていたけど、やっぱり近いものを感じてしまう。 そしてやっぱり好きだ。私はいきものがかりが好きだ。みんなも聞こう!いきものがかり!

  • やまねっと さん

    単行本も読んでいたが、文庫にもなって加筆された部分もあったので買って読んだ。読んでいて水野君は水野良樹である前に「いきものがかりの水野良樹」なんだと強く思った。メンバーがどう思っているかはともかくいきものがかりを心から愛しているし、続けていくのが目標だというのも水野君らしくて良い。これからも驕らず偉ぶらないNHKの入り口で止められる等身大の大人になってください。いちファンとしてこれからも応援していきます。 デビューしてからも大変だが、デビューするまでがとてつもなく大変なんだと読んでわかった。

  • cochonnet さん

    ますますファンになりました! 応援してるよ‼️

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水野良樹

1982年生まれ。ソングライター。99年に吉岡聖恵、山下穂尊と「いきものがかり」を結成。06年メジャーデビュー。神奈川県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品