CD

たべなくてもいい

水谷紹

基本情報

カタログNo
:
EQCD0011
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

“東京中低域”主宰、tricomi、ソロSSW、作曲家としても活躍する水谷紹デビュー25周年!
東京中低域『グレート・バリトニク』と同日、16年振り6thソロ・アルバムを発売!!

東京中低域、tricomiなどで活動する水谷紹のソロ名義のリリースは2001年の『Wish the Most Wonderful』以来。全10曲(とても短いピアノ曲もあります)のうち9曲が未発表曲、1曲(『固い握り』)がセルフカヴァー。エグニマティックなバリトンサックス・アンサンブル=東京中低域の正体を見極める手がかりが散りばめられたアルバムです。

水谷紹
1961年 大阪生まれ
名古屋芸術大学音楽学部声楽科在籍中に友部正人のバック・ミュージシャン(最初はピアニスト、やがてアレンジャー)として音楽活動を開始。同時にプロデューサー星勝のアシスタントとして数多くのレコーディング現場に立ち会う。高野寛、高橋幸宏等のサポートを経て、1992年にアルバム「ナイチンゲール」(ファンハウス・レコード)でデビュー。
1998年にイークイボーカルレコード、2000年に真鍮レコードの2つのレーベルを立ち上げる。イークイボーカルではインディーズ・ヒットとなった『彼が殴るの/tricomi feat.戸川純』をプロデュース、真鍮レコードでは東京中低域の海外進出を軌道にのせ、二度目のBBCライブとなった2014年のRADIO3「INTUNE」出演時の演奏は年間ベストパフォーマンスを受賞、国内では2014年から続く東京国際バリトンサックス・フェスティバルをオーガナイズするなど、地味ながら力強い活動を展開。一方、数多くのCM音楽、稀にTV・ラジオの劇伴などの作曲活動も続けている。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

東京中低域やtricomiなどで活動する水谷紹の6thソロ・アルバム。未発表曲9曲に加えて、「固い握り」のセルフ・カヴァーを収録。エグニマティックなバリトンサックス・アンサンブル=東京中低域の正体を見極める手がかりがちりばめられている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド