あの日、あの時、あの場所から

水沢秋生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784909689191
ISBN 10 : 4909689192
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
343p;19

内容詳細

1990年。色々なことがあった。でも、僕にとって大切なことはたったひとつだけ。僕は、彼女に出会った。でも、それを僕が知るのはずっと後。本当に、ずっと後のことになる。男女の出会いから約30年間を描いた、甘さ・苦さ・切なさの詰まったラブストーリー。

【著者紹介】
水沢秋生 : 1974年、兵庫県神戸市生まれ。出版社勤務などを経てフリーライターに。2012年、第7回新潮エンターテインメント大賞を受賞した『ゴールデンラッキービートルの伝説』でデビュー。青春の残酷さと美しさを描いた傑作『プラットホームの彼女』が話題となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    タイトルに惹かれて多分初読み作家さん。35歳以上のための・・と帯にあるが、上限は無いのか?ん〜ん・・私には今一つ甘々な じれったい思いだけが残った次第(辛口御免)あの日からここまで来るにはそれぞれに紆余曲折があっては分かる。しかも二つの震災も有った・・そして今、ここからがスタートだ。確かに、あの日あの時あの場所からなんだが・・なぁ。私にもある、あの日あの時の淡い想いは。一つ年上の先輩、どうしているだろう・・逢いたいな。そんな事思っちゃった。

  • itoko♪ さん

    12月5日発売予定。ゲラにて読了。35歳以上の大人にこそ読んでほしい、恋愛小説です。著者の今までのイメージがガラリと変わって驚かされました。

  • ちろ さん

    思いがけなく切ない出会いや別れがある。それでも人生を愛おしく感じる作品。人と触れ合うことをためらわないで生きていきたいと思いました。神戸っ子必読書。もちろんそうじゃない人も!

  • なつくん さん

    神戸っ子で同年代の自分にとって見知った場所、出来事のエピソードが盛り沢山で一気読みした。40台にもなるとあの時ああしてたらと思うことがあるが、読了した後そんな思いになった。クイーンの曲が沢山出てくるので、ボヘミアンラプソディーがヒットしてる今、うまく宣伝したら阪神間の書店で売れるんちゃうかな。

  • おうさま さん

    人生は一筋縄ではいかないし、運命はままならないもの。 「あの時こうしていたら、こうだったら」まさにそんな人生を描いた物語。特に『震災』という大きな出来事に直面した人たちにとっては、より一層そんな思いが込み上げてくるのではないだろうか?何処にでもいる平凡な二人の人生が交錯する話ではあるが、胸にジーンとくるものがあった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水沢秋生

1974年、兵庫県神戸市生まれ。出版社勤務などを経てフリーライターに。2012年、第7回新潮エンターテインメント大賞を受賞した『ゴールデンラッキービートルの伝説』でデビュー。青春の残酷さと美しさを描いた傑作『プラットホームの彼女』が話題となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品