現代妖怪譚(全)他 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775631
ISBN 10 : 4063775631
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
593p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    全集77巻は、絵物語で描く『雨月物語』から始まる。思わず引き込まれてしまいそうになる絵の魅力がたまらなく、そして怖い。「吉備津の釜」はよっぽど気に入ったのか、直後にコミカライズもしている。表題作でもある『現代妖怪譚』は、社会批評として妖怪を配置した寓話。水木にはめずらしいSF作品『コロポックルの枕』は、宇宙を舞台としながらも、その感触はいつもの水木漫画とほとんど変わらず、逆にそこがすごいと思わされる。

  • shinshin2638 さん

    江戸後期の読本作家・上田秋成の書いた『雨月物語』『春雨物語』の漫画化された作品を中心に、ねずみ男が活躍する「現代妖怪譚」のシリーズも合わせた作品集。表紙は『雨月物語』所収の「青頭巾」だが高僧役をねずみ男がしているのも、水木の漫画化の特徴。

  • 大臣ぐサン さん

    1969年から70年代に描かれた怪異譚を中心に収録。まず、1972年に番町書房から出版された絵物語『雨月物語』が巻頭を飾る。怪談の傑作である上田秋成の『雨月物語』を、大先生はこの作品を描くためにはじめて読んだと言う事実が全く意外。中でも『吉備津の 釜』は絶品。元々の物語構成の妙は言うに及ばないが、大先生の画力がその恐怖を更に引き立てる。大先生と秋成の運命的出会いを垣間見れる。解説が高田衛というのも絶妙な人選だ。併せて原作である秋成の雨月も読むべし。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品