河童の三平 貸本まんが復刻版 下 角川文庫

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041929322
ISBN 10 : 4041929326
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
追加情報
:
15cm,364p

内容詳細

河童から泳法を教わった三平は、県の水泳大会で優勝。なんと横浜で開催される国体に出場することに。しかし大会当日、屁による空中泳法を披露し、ここでも大騒動を巻き起こしてしまう。その後三平は、宿で出会った魔女の花子と東京にいるはずの母を捜し始めるが、彼は次々と予想外の事態に遭遇してしまうのだった。生きること、死ぬこと。そして友情、喜怒哀楽。少年のさまざまな想いが詰め込まれた大傑作長編漫画、堂々の完結。

【著者紹介】
水木しげる : 1922年(大正11年)生まれ、鳥取県境港育ち。徴兵でラバウルに送られ、激戦地で左腕を失うも九死に一生を得て生還した。戦後は、生活のために数々の職業に就く。ふとした縁で紙芝居作家になり、以後、貸本漫画家を経て、大ヒットを飛ばし、人気漫画家に。紫綬褒章、旭日小綬章を受章、文化功労者にも選ばれ、日本の漫画界を代表する巨匠であるが、近年は作品とともに水木しげる本人への人気も高まる。2007年フランスでフランス語版『のんのんばあとオレ』が日本人初のベストコミックブック賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うまかぼー さん

    小狸、河童との友情。感動のラストは三平の母さんにだまされた!

  • みーなんきー さん

    中身の濃い漫画でしたー。最近は漫画の地位も向上しているけれど、水木さんは、50年も前からこんなに筋書きのしっかりした良い漫画を書いていたんだな。しかも、ゲゲゲの鬼太郎以前は、長年認められずに来たと聞いている。もったいないことだ。三平や河童、たぬきの個性も含め上手に描写している上、新しい出来事に出会う様がとてもなめらかでつい引き込まれてしまう。良作。オススメです。

  • 花紫 さん

    タイトルが不思議だったが、ラストで解明された。悲しい。

  • 2n2n さん

    最後の最後まで、先の読めないストーリーだった。よく収拾つけたものだ、と感心してしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品