水木しげる 妖怪百物語

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784092203259
ISBN 10 : 409220325X
フォーマット
出版社
発行年月
2005年11月
日本
追加情報
:
19cm,182p

内容詳細

終わった時にお化けが出るという、江戸時代の怪談会「百物語」が本になった。古来より日本全国に伝わる妖怪話から「手洗い鬼」「鍛冶がばば」「えんらえんら」など100話をセレクトした本格的妖怪伝説集。

【著者紹介】
水木しげる : 1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。1965年、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で第6回講談社児童まんが賞を受賞。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などがある。1991年紫綬褒章、96年日本漫画家協会文部大臣賞、2003年旭日小綬章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やまほん さん

    妖怪が出てくる小説を読んだ後、唐突に思い出しました。小さい頃何故か家にあり、貪るように読んでいた本。思い出せてよかったです。

  • karipo さん

    2012-9 妖怪の恐ろしさやすごさがあふれていて、 さらに妖怪を身近に感じるようになる一冊だった。 どの妖怪も恐ろしいだけではなく、愛嬌もあることを知った。

  • Penguin さん

    【図】妖怪好きには素敵な本😍手元におきたくなった

  • 絵具巻 さん

    学校図書館で借りました。

  • 虹 さん

    ようかいはだいすきです。とっとりけんのさかいみなとしに行く前におかあさんがかりてきてくれました。水木さんのきたろうも大好きです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品