戦争と読書 水木しげる出征前手記 角川新書

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040820491
ISBN 10 : 4040820495
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
荒俣宏 ,  
追加情報
:
202p;18

内容詳細

青年水木しげるの出征直前の絶望と覚悟を、荒俣宏が読み解く!


【著者紹介】
水木しげる : 本名武良茂。漫画家。1922年(大正11年)生まれ、鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地ラバウルに送られ左腕を失うも、九死に一生を得る。戦後、紙芝居作家になり、貸本漫画家を経て、少年誌にデビュー。紫綬褒章、旭日小綬章を受章、文化功労者。2007年フランスで仏語版『のんのんばあとオレ』が日本人初の最優秀漫画賞を受賞

荒俣宏 : 1947年東京生まれ。作家、博物学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争において激戦地ラバウルへ出征。爆撃によって左腕を失う。復員後、紙芝居画家を経て漫画家になる。1965年『テレビくん』で第6回講談社児童まんが賞を受賞。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』など多数。1989年『コミック昭和史』で第13回講

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品