悪魔くん復活千年王国 下 / 悪魔くん世紀末大戦 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775501
ISBN 10 : 406377550X
フォーマット
出版社
発売日
2016年03月03日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
449p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    『悪魔くん復活 千年王国』の後編が収録された全集50巻。竹宮惠子の解説がとてもとても興味深い。石ノ森章太郎の継承者である竹宮なので、水木漫画とは縁遠いと思い込んでいたが、子供の頃に少年漫画誌に触れていた竹宮は「少年マガジン」で『悪魔くん』と出会い、その美少年ぶりにヤラレタのだと言う。なるほど! 手塚・石ノ森の科学志向に対する、水木のアンチな姿勢が日本漫画の間口を広げたとする解釈にも、なるほど! そして、なんと、水木の点描やカケアミを多くの少女漫画家が真似たとする告白にびっくり! なるほど! なるほど!!

  • shinshin2638 さん

    「千年王国」は今読んでもなかなか完成度が高い。結局ヤモリビトの裏切りにより悪魔くんは射殺されてしまうのだが、八仙が魂を半分保管していたので悪魔くんは復活し、千年王国戦争が再開される、ところで終わっている。「世紀末大戦」は貸本版の正統な続編として書かれたが、これも十二使徒が全員揃う前に終了。千年王国の行方がどうもきにかかる。

  • ○○○ ○○ さん

    水木しげると「体系立てられたオカルティズム」ってそれほど相性が良くない気がする。というか、そういう体系を意識させずにさらっと読ませてしまう上手さこそが水木しげるの持ち味なのかもしれない。舞台があからさまに非現実的な、歴史が分岐したもう一つの日本になってしまってるのは個人的には残念。あと貸本版に加筆したこのバージョンにおいても結局のところ物語の展開自体は大して変わらないので、「全5巻が3巻構想に変わった」という貸本版の事情で打ち切り気味の展開にしたわけでなく元々ラストはこうする予定だったいうことなんだろうか

  • lll。 さん

    .

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品