ビビビの貧乏時代 いつもお腹をすかせてた! HMB

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834274707
ISBN 10 : 4834274705
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
追加情報
:
16cm,330p

商品説明

水木サンのユーモラスな自伝的作品、勢ぞろい!! 嗚呼、これぞ人生讃歌!!

【収録作品】
落第王
突撃!悪魔くん
さびしい人
街の詩人たち
ドブ川に死す
なめちゃん
わが退魔戦記
残暑
国際ギャング団
漫画狂の詩
招かれた三人
2001年 現世の旅
貸本末期の紳士たち

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • リッツ さん

    近くの読友さんに貸そうかな、と出してきて随分以前に買ったので再読してみたらゲゲゲのゲっ?!そっ、そっか〜そういえばこんなかなりキワドイというか、むき出しな話も載ってたな〜(^^;と。女の人にお貸ししてもいいかな?(笑)実話に基づいて描かれたと思われる氏の昔話。もちろん誇張もあるだろうけどホントただ者ではない怪人な面や危機感溢れる話も。ゲゲゲの女房観ていた人や後に有名になるアシスタントのことを知ってる人にはそちらも興味深いかも。墓場の鬼太郎、ゲゲゲの鬼太郎とセットで緩和してお貸ししたらいいかな?

  • nbhd さん

    なめちゃん

  • ミミナリ さん

    戦前の紙芝居の時代から貸本屋時代を経てコミック全盛になる直前までの漫画家が全然食べられなかった時代のお話。そこまでしても生活のために違う職業を選ばなかった(選べなかった?)人たちの個性がすごい。貧乏だけど悲壮感はなくておかしくて愛すべき人たち。ブームが来ていきなり原稿料10倍とか本当にすごい時代だなー。

  • めぐみ さん

    妖怪みたいな人間がうようよ…。

  • 袖崎いたる さん

    思ったのは「存在することの難しさと疾しさ」だ。難しさは自分の社会適応難で、疾しさは自分をもり立ててくれた人たちへの負債による。水木さんは前者を生得で、後者を主に戦争で負う破目になった模様。ここに同情。おそらく両方とも習慣によって乗り越えるしかない。例えばイケメンであることは確かに優越だが、それだけでは価値にならない。何かを継続し日常にし、主観的理想を客観的技術へと昇華させなければならない。それによって初めて疾しさを振り切ることができる。それがこの作品から読み取れることであり、読者であるぼくの信仰である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド