ゲゲゲの鬼太郎 9 ゲゲゲの鬼太郎挑戦シリーズ他 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775471
ISBN 10 : 406377547X
フォーマット
出版社
発売日
2016年01月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
525p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    旦那が借りてきたんですが、オタマさんが一番最初に食いつきました。キタローが女性とベッドインしているコマに釘づけになり「おっかし〜きたろう!」旦那があわててるのをニヤニヤ見つつ、こんな色っぽい話あったっけ?と首をかしげました。あったんですなあ。亡くなってすぐの出版だったようで、コメントが色々胸に響きました。現世にはいないと書いてありましたが、自分はこの方は妖怪になって新宿あたりをうろうろしているような気がします。合掌。

  • ぐうぐう さん

    「ゲゲゲの鬼太郎 挑戦シリーズ」と「続ゲゲゲの鬼太郎」、どちらも青年誌に連載された『鬼太郎』が収録されている。エロやナンセンスなど、少年誌ではできないアダルトな展開が特徴的。とはいえ、一番ユニークなのは、UFOや古代文明といった要素と、妖怪である鬼太郎達とのコラボがもたらせる、なんとも奇妙なムードだ。宇宙人と妖怪の遭遇、このハチャメチャさは、しかし、水木しげるの懐の深さでもあるのだ。

  • shinshin2638 さん

    収録作の鬼太郎は、1977年に大人向けの週刊誌に連載されたもの。だからアダルトな要素が豊富にある。しかも下品な場面もある。こういう鬼太郎もこれはこれで良いもんだ(笑)。

  • 大臣ぐサン さん

    月報の『茂鐵新報』に「これが先生の最後のインタビューになります。」との文字。漫画大全集刊行から毎月楽しみにしていた大先生のインタビューがもう読めないのだと思うと残念でならない。悲しんでいてもしょうがない。大先生の著作は大量にある。我々はまだ大先生から多くを学ぶ必要があるのだ。本書には1977年『週刊漫画サンデー』に連載された『ゲゲゲの鬼太郎挑戦シリーズ』と『週刊実話』に連載された『続ゲゲゲの鬼太郎』を中心に収録。どちらもアダルトな内容の鬼太郎作品だ。コキコキコキ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品