ゲゲゲの鬼太郎 4 水木しげる漫画大全集

水木しげる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063775433
ISBN 10 : 4063775437
フォーマット
出版社
発行年月
2015年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
601p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    テレビアニメ化され、大人気となっていた頃の『ゲゲゲの鬼太郎』が収録された全集版4巻。水木しげるも、ノリにノッて描いているのがわかる。それでいて、当時の社会的な出来事を反映させ、社会批評の一面も忘れていないのは、さすが。「たのしい幼稚園」版は、「マガジン」版を短縮させたエピソードで、そのテンポがまた楽しい。それにしても、ねずみ男の立ち位置って、おもしろいね。

  • shinshin2638 さん

    『たのしい幼稚園』に掲載された幼児向きの鬼太郎漫画が面白い。大体が『週刊少年マガジン』に連載されたものの再構成・短縮版だが、中にはオリジナルの漫画もあり、それが水木らしからぬ?作風で、どことなく藤子Fの幼年漫画を彷彿とさせる心なごませるストーリーとなっている。

  • ○○○ ○○ さん

    たのしい幼稚園版鬼太郎、話端折りすぎてて受ける。「きたろうころしてやるぞ」と叫びながらいきなり首を絞めるねずみ男とか、目に針が刺さっただけで全身ドロドロに溶けて死んでいく妖怪獣とか全般的に雑すぎる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

水木しげる

1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。幼少時、近所に住む老婆『のんのんばあ』から不思議な話や妖怪の話を聞き、強い影響を受ける。太平洋戦争時、激戦地であるラバウル・ニューギニア戦線に従軍。爆撃を受け左腕を失う。復員後、魚屋、輪タクなどの職業を転々としたのち、神戸で紙芝居作家となる。その後単身上京し、貸

プロフィール詳細へ

水木しげるに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品