イギリス じつは血塗られた闇の歴史: 紳士の国の息をのむダークサイドとは―― (KAWADE夢文庫)

歴史の謎を探る会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309485263
ISBN 10 : 430948526X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
222p;16

内容詳細

「紳士と淑女の国」「パクス・ブリタニカ」と称えられるイギリス。だが、裏から見た姿は、狡猾な侵略者であり冷酷なる搾取人だった。数々のエピソードからその“暗黒性”をあぶり出す書!

目次 : 1章 先史時代〜ノルマン・コンクェストまで 外来民族の度重なる襲来が「恐ろしいイギリス」を形づくった(消えたビーカー人―ブリテン島の歴史は侵略と迫害で始まった/ クラウディウス帝の侵攻―ローマ軍団によりケルト人の命も、その信仰も絶たれた ほか)/ 2章 「征服王」によるノルマン朝創始〜薔薇戦争まで 領地・王位をめぐって殺し合った中世ブリテン島の暗黒(森林法の正体―なぜ、一般人が鹿を殺すと目をくり抜かれる法律が生まれたのか/ ウィリアム2世の不虜死―狩りの最中の死は弟ヘンリの陰謀だった? ほか)/ 3章 ローマ教会離脱〜スコットランド合併まで 宗教対立と革命に明け暮れ、王・議会・市民は血にまみれた(ヘンリ8世の鬼畜―離婚のためにイングランド国教会を設立した男の無節操ぶりとは/ トマス・モア処刑―高名な人文主義者は、こうして離婚騒動の巻き添えになった ほか)/ 4章 遅れてきた海外進出〜パクス・ブリタニカまで 策謀、恫喝、略奪なくして大英帝国の繁栄なし(私掠船―カリビアン・パイレーツのスペイン船襲撃は国家公認だった!/ ピルグリム・ファーザーズの真実―卑怯な手段でインディアンを根絶やしに ほか)/ 5章 日英同盟締結〜ブレア退陣まで あの栄光よ、いま一度!“斜陽国家”の暴走と迷走(狡猾なる日英同盟―中国の権益を守るため、日本を「傭兵」扱いに/ 第一次世界大戦―ドイツへの敵対心が招いたイギリスの大凋落 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品