歴史のふしぎを探る会

人物・団体ページへ

学校では教えない世界史 扶桑社文庫

歴史のふしぎを探る会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594059460
ISBN 10 : 4594059465
フォーマット
出版社
発行年月
2009年04月
日本
追加情報
:
16cm,271p

内容詳細

世界史の授業で必ず教えられるのが、「日本をヨーロッパに紹介したのはマルコ・ポーロの『東方見聞録』である」という記述。しかし近年、根底から覆す疑惑が立ち上がっている。『東方見聞録』はイランで編まれた「集史」という資料から抜粋されたというのである。歴史の分野では、昨日まで学校で教えられていたことが、じつは嘘だったということがしばしば起こる。“歴史の事実”は常に変更されるのである。本書は常識とされた“歴史事実”を覆す新説や異説を紹介している。はたして何が“事実”なのか?是非、本書で描かれた“もうひとつの歴史”から世界史の奥深さを堪能してもらいたい。

目次 : 第1章 覆る定説 刷り込まれていた“歴史の事実”―マルコ・ポーロが書いたとされる『東方見聞録』、じつは捏造であった!(進化論―ダーウィンの『種の起源』よりも先に、生物の進化を論じていた学者がいた!/ 十字軍遠征―“聖なる進軍”は大嘘!蛮行の限りを尽くしていた十字軍の遠征 ほか)/ 第2章 事件と戦争 “事実”の裏側―アメリカの関わる戦争が、なぜかいつも、同じパターンで始まっている不思議(日露戦争―日露戦争に勝利できた真の理由は、ロスチャイルド財閥の援助にあった!?/ 赤壁の戦い―『三国志』のクライマックス“レッドクリフ”で、英雄・劉備は何もしていない!?ほか)/ 第3章 陰謀と怪死 死にまつわる背景―新証言!ケネディ大統領暗殺の首謀者は副大統領のジョンソン!?(チャールズ・チャップリン―五・一五事件の暗殺の標的に喜劇王チャップリンが入っていた!/ ナポレオン―有力だった「ナポレオン毒殺説」が覆された!英雄の死因はやはり病死!? ほか)/ 第4章 見えざる素顔 隠されたカリスマの本心―奴隷解放宣言で名高いリンカーン、じつは奴隷を解放したくなかった!?(ルイ十四世―太陽王ルイ十四世は、なんとお風呂に入ったことがない!/ リンカーン―奴隷解放宣言で名高いリンカーン、じつは奴隷を解放したくなかった!? ほか)/ 第5章 情愛の因果 歴史をつむいだ男女の情念―絶世の美女といわれるクレオパトラ、じつはかぎ鼻で背が低く太っていた!?(エリザベス一世―誰とも結婚しなかったエリザベス一世、しかし「処女」というイメージは幻想/ クレオパトラ―絶世の美女といわれるクレオパトラ、じつはかぎ鼻で背が低く太っていた!? ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海野藻屑 さん

    教科書では触れられない言わば裏歴史が面白い。読みやすいし。

  • なな さん

    ひとつひとつの話が分かりやすくまとまっていたと思う。誰かに話したくなった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品