CD 輸入盤

管弦楽作品集(鳥は星形の庭に降りる、他) オールソップ&ボーンマス響 

武満 徹(1930-1996)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8557760J
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

大人気となった武満徹作品集[8555859J]に続いて、今回はオーケストラ作品集がリリースされます。
 後頭部を星形に刈り上げたマルセル・デュシャンを写真家のマン・レイが撮影し、この写真を目にした武満が、その映像からインスパイアされた夢を見たという、奇妙な経験が生み出した『鳥は星形の庭に降りる』や、オーストラリアの砂漠で2週間アボリジニと共に暮らしたときの印象を描き、アボリジニの使う片言英語をタイトルにした『Dreamtime(夢の時)』、黛敏郎の『涅槃交響曲』に感動して書いた『ソリチュード・ソノール』など、どれも独特の雰囲気・美しさを湛えた傑作です。
 なお、『3つの映画音楽』は、スイスの映画音楽祭でのコンサートのために弦楽オーケストラ用に編まれた作品で、ジャズの要素なども取り入れた『ホゼー・トレス』からの第1曲「訓練と休息の音楽」と、『黒い雨』からの第2曲「葬送の音楽」、そして『他人の顔』からの第3曲「ワルツ」という構成になっています。日本語解説付。



武満 徹
・『精霊の庭(Spirit Garden)』[1994](14:40)
・『ソリチュード・ソノール(Solitude Sonore)』[1958](6:23)
・『3つの映画音楽(Three Film Scores)』[1994-95](12:32)
 「訓練と休憩の音楽」−『ホゼー・トレス』より− (5:02)
 「葬送の音楽」−『黒い雨』より− (5:10)
 「ワルツ」−『他人の顔』より− (2:20)
・『夢の時(Dreamtime)』[1981](14:27)
・『鳥は星形の庭に降りる(A Flock Descends into Pentagonal Garden)』[1977](13:44)


ボーンマス交響楽団
マリン・オールソップ(指揮)



録音時期:2005年1月
録音場所:イギリス、プーレ、ライトハウス・コンサートホール

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
『精霊の庭(Spirit Garden)』は当方の親戚...

投稿日:2018/04/02 (月)

『精霊の庭(Spirit Garden)』は当方の親戚筋の居住地「古川町」と関係が深いことを最近になって知り、あらためてよく飛騨古川の風景を頭に思い浮かべて聞きます。気持ちが落ち着きます。

テリーヌ さん | Hyogo | 不明

0
★
★
★
★
★
武満、グラス、バーンスタインを、レパート...

投稿日:2012/03/26 (月)

武満、グラス、バーンスタインを、レパートリーにし、取り上げる指揮者、オルソップ、それだけで、充分、私には、支持、応援するに値する。武満さんの音楽が、西洋人にとってどれほどの魅力があるのか、私には分からない。が、西洋人が日本人の音楽を演奏すること自体、スゲエ事だ。決して、とっつきやすくないが、独自の響き、不安感を持つ武満氏の音楽、私は、何よりも、題名がいい、それで聴いてしまう。「鳥は星型の庭に降りる」、もう、立派な詩の様です。映画人でもあった武満氏の音楽を演奏した秀作、Naxos は、流石である。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
武満の作品は、サスペンス映画やホラー映画...

投稿日:2008/12/19 (金)

武満の作品は、サスペンス映画やホラー映画の背景音楽にぴったりな感じですが、私には、不安感が強調されすぎて気味悪くてついて行けません。オールソップ&ボーンマスの演奏は素晴らしいと思います。

テカイス さん | 大阪 | 不明

0

武満 徹(1930-1996)に関連するトピックス

  • 福田進一/武満徹:ギター作品集 ナクソスで新たにスタートした企画「日本のギター音楽」シリーズの第1弾は、繊細透明な作風で世界的にも評価の高い作曲家、... HMV&BOOKS online|2014年03月10日 (月) 12:40
    福田進一/武満徹:ギター作品集

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト