平清盛 天皇に翻弄された平氏一族 平凡社新書

武光誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582856132
ISBN 10 : 4582856136
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
18cm,227p

内容詳細

平安時代末期、貴族社会が揺らぎ、天皇家の確執が武力闘争に発展していく中で頭角を現していった平清盛=平氏一族。彼らが、いかにして天皇家に翻弄され、滅亡に至ったのかに迫る。

【著者紹介】
武光誠 : 1950年山口県防府市生まれ。東京大学大学院国史学科博士課程修了。文学博士。現在、明治学院大学教授。日本古代史を中心に日本文化を歴史哲学、比較文化的視点で扱った研究に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    通史としての平家の歴史がよくわかった。改めて平家は最後の貴族政権だったんだなぁと思った。以後日本史においては江戸辺りまで戦乱につぐ戦乱で武家政権の時代になっていく最後の安定した時代だったのかなぁとも思った。

  • Zhao さん

    イメージでなく史実(多分)に基づいた平清盛が書かれた一冊。 アンチヒーローでもなく、傲慢な独裁者でもなく時代の引き継ぎに大きな役割を果たしたという本書の見方はなるほどそうであったのかも、と思わせる。 国民的ヒーローの源義経の影響か源氏が善で平氏が悪というイメージはどうしても強いがもう少しフラットに考えた方がいいのかもね。

  • 中島直人 さん

    皇室が代表する公家社会と良好な関係を保てたことで、逆にその権威に頼り、武家政権の確立にまで至ることの出来なかった平家政権の限界。その弱点をしっかりと学んだ頼朝が、都から離れた鎌倉で武家政権を確立したということになるか。

  • ぐちーず さん

    平清盛がどのように活動していたかをザザッと簡単に知るのに便利。

  • Muto Ryo さん

    内容は『詳説日本史研究』(山川出版社)をちょいと詳しくした感じ。とにかく清盛ごり押し。参考文献も記載されてない。いくら新書でもちょっと…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

武光誠

1950年、山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院博士課程修了。文学博士。2019年3月に明治学院大学教授を定年で退職。専攻は日本古代史、歴史哲学。比較文化的視点を用いた幅広い観点から日本の思想・文化の研究に取り組む一方、飽くなき探究心で広範な分野にわたる執筆活動を展開している(本データ

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド