木にとまりたかった木のはなし

武井武雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309274805
ISBN 10 : 4309274803
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
37p;25

内容詳細

みなさんだって、木にとまってみたいとおもうでしょ。これは、そうおもっている女の人がつくったおはなしです。

【著者紹介】
黒柳徹子 : 東京音楽大学・声学科卒業。NHK専属俳優に応募、テレビの一期生となった。著書『窓ぎわのトットちゃん』が大ベストセラーに。ユニセフ親善大使のほか、子供たちの幸福のために幅広い活動をこなし活躍中

武井武雄 : 1894‐1983年。長野県岡谷市出身。東京美術学校西洋画科卒業。「子どもの心にふれる絵」の創造を目指して自ら「童画」という言葉を生み出し、大正から昭和にかけて玩具やトランプのデザインなど様々な芸術分野で活躍した。『ラムラム王』など、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Naomi さん

    「これは木のぼりが好きで、木にとまってみたいとおもっている女の人がつくったおはなしです。」黒柳さんが作ったお話に、生前お願いしていた画家の武井武雄さんの絵を合わせたそうです。夢があって、可愛らしくて、どこか黒柳さんっぽさを感じる物語でした。

  • 海(カイ)@ さん

    【図書館】黒柳徹子さんの発想が凄いな!と思いました。『窓際のトットちゃん』の本もそうだったと記憶しているが、徹子さんの作品になる本って、出来た作品に元々あった絵を合わせているところが凄い!いわさきちひろさんにしても武井武雄さんにしても亡くなられてからだからそうなってしまうようだけど、それも凄いことだな、と思う。

  • しおり さん

    いろんな鳥がとまる木が、木にとまりたいと願って冒険に出る絵本。鳥が木を持ち上げて、というのはなかなか奇抜だけど、木の冒険はその土地に合った変化があって、違和感はさほどでもない。幸せな木だなぁ、と他の木を代弁してうらやましくなる。武井さんのカラフルな絵にも魅せられた。

  • tiny-candy さん

    (図書館本)武井武雄さん絵がとても素晴らしい。お話と絵が微妙に合っていないな、と思っていたら、あとがきを読んで納得。

  • 片腕の雨巫女。 さん

    《書店》徹子さんらしい話だなあ。(笑)木が旅するなんてね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

武井武雄

長野県岡谷市に生まれる。東京美術学校西洋画科卒業。童画、版画、造形、文筆など幅広く活動。画集『武井武雄作品集1・童画』で1975年ライプチヒの「世界で最も美しい本」賞グランプリを受賞

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品