人脈につながる話し方の常識

櫻井秀勲

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907072704
ISBN 10 : 4907072708
フォーマット
出版社
発行年月
2016年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;19

内容詳細

目次 : 第1章 人脈につながる「話術の基本」(よどみなく、スマートに話そうとする必要はありません/ 内容が珍しければ、誰でも、そのつづきを聞きたがります ほか)/ 第2章 人脈につながる「話題の選び方」(いきなり本題に入っては、ビジネスの話はうまくいきません/ 人前で話すときこそ、本音の自分を出すようにしましょう ほか)/ 第3章 人脈につながる「雑談の力」(雑談には想像以上の力があります/ 会議の前の雑談が仕事をスムースにします ほか)/ 第4章 人脈につながる「女性の心を動かす話し方」(女性といい関係を築くには、「最初が9割」です/ 女性は主観を入れて話すため、会話が長くなりがちです ほか)/ 第5章 人脈につながる「朝礼、式辞、挨拶」(挨拶をすることになってからネタを探すのでは遅すぎます/ 名言を盛り込むのは中年以上になってからと心得ましょう ほか)

【著者紹介】
櫻井秀勲 : 1931年、東京生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒業後、光文社に入社。文芸月刊誌「面白倶楽部」に配属。松本清張、三島由紀夫、川端康成など文壇に名を残す作家たちと親交をもつ。31歳で女性誌『女性自身』の編集長に抜擢されるや、毎週100万部発行の人気週刊誌に育て上げる。祥伝社を立ち上げ、女性隔週刊誌「微笑」を創刊。55歳で独立したのを機に、『女がわからないでメシが食えるか』で作家デビュー。82歳で、きずな出版を創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tk さん

    うんこ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

櫻井秀勲

1931年、東京生まれ。東京外国語大学を卒業後、光文社に入社。大衆小説誌「面白倶楽部」に配属され、松本清張、遠藤周作、川端康成、三島由紀夫、幸田文など文学史に名を残す作家と親交を持った。三十一歳で週刊「女性自身」の編集長に抜擢され、毎週一〇〇万部発行の人気週刊誌に育て上げた。五十五歳での独立を機に作

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品